ハピネス

2016.10.17 UP

寝ながらストレス発散!? 夢を自在に操るトレーニングとは・・・

LINEで送る
Share on Facebook

毎晩みる夢。目覚めたときに覚えてはいなくても、一度の睡眠で映画一本分の夢をみているとも言われます。

そんな夢を自由自在に操ることができたら、ベッドに入るのが楽しくなりそうですね。トレーニング次第では、誰でも好きな夢をみることができるのだとか。

内容によっては、ストレス解消になることもある夢。夢の秘密について探っていきましょう。

 

なぜ夢をみるの?


そもそも、私たちはなぜ夢を見るのでしょうか? 諸説ありますが、ストレス解消のためや潜在意識からのメッセージという説などが有力とされています。まったく夢を見ないという人も、実は必ず夢を見ているのだとか。実際には、覚えているかいないかの差だけなんですって。

睡眠中は脳もお休みしていて、記憶する機能が低下しているので、夢を覚えていられないそう。逆に浅い睡眠(レム睡眠)の時や起床前に脳が目覚めようとしている時の夢は、覚えている可能性があります。

つまり、あまり夢を覚えていないということは、それだけ眠りが深いということ。一方、夢をいつも覚えているなら、浅い眠りが続いているのかもしれません。特に悪夢が続く時は、ストレスが大きくなっている可能性もあります。

 

夢を自在にコントロールできる?明晰夢とは…

明晰夢とは、夢を自分の思い通りにコントロールしながらみる夢のことです。情景がぼんやりしていたり、場面が急に展開する通常の夢とは異なり、明晰夢はまるで現実世界と同じような感覚を味わうことができます。視覚や聴覚はもちろん、味や臭いまでリアルに体感できるそう!

一見、現実逃避の方法のようですが、実際にはそれ以上のメリットがあるらしいのです。無意識からのメッセージに気づいたり、創造力アップにつながったり、時には現実で起きている問題の対処に役立つことも。

そんな夢ならちょっと体験してみたくなりますよね。

 

明晰夢はどんな時に見やすいのか?

明晰夢を見るための大前提になるのが、夢を夢だと認識しながらみること。そのためには、脳が覚醒していることが必要です。

眠りに落ちたばかりで意識が続いている時や浅い眠りの時に、「これは夢なんだ」と認識することで誰でも明晰夢を見られる可能性があります。一説では、一生のうちにほとんどの人が明晰夢を経験するそうです。偶然経験したという人もいるかもしれませんね。

ただ繰り返し見るためには、ある程度のトレーニングが必要になります。次はそんな明晰夢を見る方法をご紹介します。

 

明晰夢をみる確率を上げる方法

明晰夢をみるためには、さまざまなトレーニング方法がありますが、今回はすぐに取り入れられそうなテクニックを3つ紹介します。

夢日記を書く

夢を記録することは、夢を覚えているための訓練になります。せっかく明晰夢をみたのに忘れてしまっては意味がありません。まずは夢を記憶するトレーニングから始めましょう。

夢から覚めても、夢の続きを意識してまた眠る

鮮明な夢から、いったん覚めてしまった時に、夢の続きを見ようと意識して眠りに入ると、明晰夢を見やすくなるそうです。

現実確認をするクセをつける

ここは現実なのか夢なのか確認するクセをつけて、夢の最中にも現実確認をするようにしてください。いずれは夢の中で、夢だと認識できる可能性があります。

 

明晰夢を見るときの注意

しかし、浅い睡眠ばかりでは、しっかり体と脳が休息できずに、体調不調を起こしてしまいます。夢はあくまでも夢。生活を充実させるための要素にはなっても、現実をのっとられてはいけません。

夢と上手に付き合いながら、心も体も快適に過ごしたいものですね。

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ