ハピネス

2013.09.09 UP

どんどん後悔しよう!とことん落ち込むと、ガンガン●●できる! 

LINEで送る
Share on Facebook

woman

「やってみたい仕事があるの! でも、うまくいくかわからない。ゼロから勉強が必要だし、それにほら、年齢のこととか生活が不安定になる可能性があるのも怖いじゃない? おまけに向いてなくて後悔するかもしれないし……。 ねぇ、どう思う!?」

これは、先日、30代後半の友人から受けた相談です。

 

大人になると……

大人になると「無茶ができなくなる」「何をするにも腰が重くなる」という声をよく聞きます。

大人になるということは、「経験値が増える」ということ。

実際に体験しなくても、「結果を想像できる場面が増える」ということですよね。

これは、私たちが長年学習して手に入れた、リスク回避能力のひとつです。

でも、恋愛も仕事も、「失敗するくらいなら初めからスルーする」というところまでリスク回避能力が高まると、本末転倒。チャンスを逃していると思うのです。

 

なぜ、失敗を恐れるのか?

「失敗したら悲しい気持ちになるから嫌だな」と思うから怖いのです。

積み上げてきた経験値のせいで、臆病になってしまっているのですね。

ならば、「もし失敗したら、とことん落ち込んでやる!」と思うのは、どうでしょうか?

 

悲しい気持ち、嫌な気持ちを真正面から受け止めて、とことん浸るのです。

辛い・苦しい・悲しい気持ちを味わえば、その後必ず、心の底から笑えます。

 

例えば、営業の仕事で1件も契約が取れない日が続き、もう何ヶ月も落ち込んでいるとします。そんな時に、1件でも契約が取れたら、「人生最良の日!」と言わんばかりに、飛び上がるほど嬉しいと思うのです。

でも、いつも契約が取れることが当たり前の人なら、契約が取れても、さほど嬉しくないですよね? その人にとって、それは当然のこと。つまり日常の風景だからです。

大西 マリコ

大西 マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ