ハピネス

2016.08.27 UP

アメリカでも常備菜は人気だった!ヘルシーな「ケール・スロー」レシピ

LINEで送る
Share on Facebook

日本で人気の”作り置き料理”ですが、アメリカでもしかり。”make-ahead“レシピと呼ばれ、料理本やレシピサイトでもよく特集されています。

そこで今、アメリカの忙しい女子に人気のヘルシーな野菜の常備菜”ケール・スロー”をご紹介します。

 

「ケール・スロー」の作り方

Photo by Nora

ケール・スローとは、キャベツの代わりにケールを使ったコールスローサラダのこと。キャベツのコールスローはアメリカの定番常備菜ですが、近年、栄養価が高いことで注目されるケールを使ったレシピが人気に。料理ブロガーの投稿やデリのメニューでもよく見るようになりました。

アブラナ科でキャベツの一種のケールは葉がしっかりしているので、しなっとなりにくく作り置き向き。それでいてビタミン類、ミネラル類など栄養面も優れているので、使わない手はありません。キャベツのように細い千切りではなく、ざくざくと太い千切りでOKなので作るのも楽チンです。お弁当のおかずにも重宝するはず。

ケール・スローにキヌアをミックスするのもおすすめです。キヌアは低GIの穀物でミネラル類やカルシウム、食物繊維を豊富に含むヘルシーフードとして日本でも注目されていますよね。クスクスに似たつぶつぶが、野菜から出る水分やドレッシングをほどよく吸収して、ケールの葉によく絡みます。時間がたっても水っぽくならず、食べ応えもしっかりありますよ。

 

【材料】(4人分)

ケール・・・1束(6〜7本)

キヌア・・・1カップ

にんじん・・・1本

紫キャベツ・・・4〜5枚

ひまわりの種(またはくるみ、松の実など)・・・大さじ3

塩・・・適宜

A オリーブオイル・・・100ml

A バルサミコ酢・・・大さじ2

A しょうゆ・・・大さじ2

A メープルシロップ(またははちみつ)・・・大さじ2

A ごま油・・・小さじ1

Photo by Nora

【作り方】

1 .キヌアはさっと洗い、鍋に入れ、水2カップ(キヌアの倍量。分量外)を加えます。

フタをして強火で加熱し、沸騰したら弱火にして10分ほど加熱。水分がなくなったら火をとめて10分ほど蒸らして。

Photo by Nora

2 .ケールは手でしごくようにして葉を茎からはずし、1〜1.5cm幅の千切りに。にんじん、紫キャベツは細い千切りにします。

3 .大きめのボウルに1と2を入れ、混ぜ合わせたAを加えてしっかりあえます。塩気が足りなければ塩少々をふってください。食べるときにひまわりの種をトッピングしましょう。

冷蔵庫で約4日保存可能です。

 

Aのドレッシングを下記の材料に変えると、定番コールスローの味に。ドレッシングの量は好みで調節して。

オリーブオイル・・・大さじ3

プレーンヨーグルト・・・100ml

レモン汁・・・大さじ3

マスタード・・・小さじ1

塩・・・小さじ1/2

黒こしょう・・・小さじ1/4

 

毎日摂りたい栄養素がたっぷりのケール・スロー。作り置き常備菜に絶対おすすめです。

(トップ画像・レシピ制作/Nora)

Nora

Nora

アメリカ在住フリーライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ