ハピネス

2016.08.24 UP

「ああっ!!」わけもなく彼にイライラ…。倦怠期じゃなくて危険な●●期かも?

LINEで送る
Share on Facebook

パートナーの些細な言動に、イライラが止まらないことってありませんか? たとえば、リビングに靴下を脱ぎ捨てたままだったり、話しかけているのに生返事だったり。

「倦怠期」「マンネリ化」という言葉が頭をよぎりそうですが、そのイライラは、もしかすると他に原因があるのかも。

 

イライラの原因は「プレ更年期」かも?

肌の潤いや髪のツヤなど、女性のキレイをサポートしながら、心身のバランスを整える「エストロゲン」。女性ホルモンのひとつです。

エストロゲンは20代半ば~30代前をピークに、分泌量が減少していきます。エストロゲンの量が低下すると、お肌にシワやたるみが出てくるなど、当然ながら美への影響は大きいもの。

また、ホルモンバランスが崩れると、精神的に不安定になりがちです。更年期は40代後半~50代前半頃といわれていますが、イライラしたり、神経質になりがちだったりする人は、30代でもなりうる「プレ更年期」の症状が表れているのかもしれません。

 

更年期のイライラ解消法1:リラックスタイムをつくろう!

よく「恋やセックスをすると、キレイになれる」といいますよね。これは、恋をしたり、セックスでオーガズムに達したりすると、エストロゲンの分泌が盛んになるからなのです。

このように、自らの努力次第で女性らしさを取り戻すことが可能です。

イライラの解消も同じこと。精神状態はホルモンバランスと密接に関係しているため、疲れていたり、ストレスを感じていたりすると、心もトゲトゲしてしまいがちです。

スパやリフレクソロジーで心身の疲れを癒したり、映画やドラマを観たり、友達と出かけたりするなど、リラックスタイムをつくることでホルモンバランスを整えることができるのです。

心に余裕が生まれれば、彼の言動も気にならなくなるかもしれませんし、喧嘩の回数だって減らせるかもしれませんよね。

パートナーと素敵な時間を育むには、心身ともにリラックスすることが大切なのです。

 

更年期のイライラ解消法2:かしこく食べよう

イライラやストレス解消に役立つ方法といえば、食べること!

といっても、スイーツやスナック菓子をたくさん食べるのではなく、体によいものをかしこく食べるのがポイントです。なかでも美容にも健康にもよいものといえば、大豆イソフラボンを多く含む大豆製品です。

イソフラボンに含まれる「エクオール」という成分には、更年期障害の原因となる、ホルモンバランスを整える働きがあるそうです。

更年期症状の軽い人は、体内のエクオール量が多いといわれていますから、大豆製品はイライラ解消に最適というわけ。

 

更年期の症状を緩和する「エクオール」とは?

ただ、最近の研究によると、大豆イソフラボンの恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかに!

どうやら、その鍵は「エクオール産出菌」という腸内細菌を体内に持ち合わせているかどうか、というところにあるようです。

大豆イソフラボンが体内に入ると、腸内細菌と結びついてエクオールが作り出されます。しかしながら、エクオールという成分は、日本人女性の2人に1人しか腸内で作り出すことができないのだそう。

とはいえ、専門家によれば「産出できない人も、腸内細菌を整えて乳酸菌を増やすことで、改善される可能性がある」ということですので、キムチやヨーグルトなどの発酵食品を積極的に摂るようにしてみてはいかがでしょう?

またサプリメントの摂取も有効な手のひとつ。手軽にできますから、ぜひ試してみてくださいね。

 

年齢とともに変化する体や心の状態を知ること、そして向き合うことで、パートナーとの関係を見直すきっかけにもなりそうですよね。イライラが解消されれば、これまでにない濃厚なベッドタイムが過ごせるかも!?

 

関連記事

疲れかたハンパない!! 翌日に残ってしまうグッタリ疲労感はどうすれば?

原因不明!アラフォーになって「浅い睡眠」に。たっぷり熟睡するためには?

何歳になってもハッピーに生きたい!女性ホルモンをいっぱい出して「幸せ」を感じる方法

※参考:ホルモンケア推進プロジェクト

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー