ハピネス

2016.07.22 UP

帰宅後すぐに夕飯の完成!冷凍つくりおき定食レシピ

LINEで送る
Share on Facebook

休日にまとめてつくって冷凍ストックしておけば、平日の忙しい時でもすぐに夕飯を食べられますよ!

夜遅めのごはんでも重くなく、おいしくてココロもお腹も満足できる、メイン1品と副菜2品のレシピを紹介します! 1品ずつでもおいしいですが、3品セットで定食のように食べるのがおすすめですよ。

 

ローズマリーとレモンの塩豚

Photo by Otonaka Sara

油ののった豚バラ肉に、上品な香りのローズマリーとレモンを加えて、さっぱりとした味わいに仕上げました。そのままでもいいけれど、仕上げに黒胡椒や粒マスタードをつけてもGood!

今回紹介する2品の副菜とも相性抜群ですよ。

 

【材料】(5食分)

豚バラブロック・・・600g

塩・・・小さじ2

ローズマリー・・・2本

レモン・・・1/2個

水・・・1200ml(豚肉がひたひたになるくらい)

酒・・・100ml

【作り方】

1. 豚バラブロックの全体をまんべんなくフォークで刺して穴をあけます。こうすることで柔らかくなり、味のしみ込みもよくなります。

全体に塩をなじませたら、ローズマリーを適当な大きさにちぎって全体にまぶし、ラップをして4時間以上冷蔵庫で寝かします。

2. 1の表面の水分をキッチンペーパーでふき取り、フライパンに入れて水、酒を加えて、レモンを搾って入れます。搾ったレモンも一緒に入れ、キッチンペーパーを豚バラブロックにかぶせて中火にかけます。

キッチンペーパーを落し蓋にすることで、余分なアクをキッチンペーパーが吸着してくれるので、アク取りの手間もカットできますよ。

3. 沸騰したら、キッチンペーパーの上から蓋をして弱火で30~40分煮て火を止め、そのまま冷まします。余熱で火を通すことで、肉に火が通り過ぎることがなく、肉のパサつきを抑えてしっとり柔らかい肉質に仕上がりますよ。

冷めたら豚バラブロックを食べやすい大きさにカットして完成。シンプルに黒胡椒をかけて、粒マスタードをつけて食べても◎。

 

夏野菜のトマトカレー煮込み

Photo by Otonaka Sara

ピーマンとズッキーニをトマトカレー風味で煮込みました。トマトの爽やかな酸味とカレーのスパイシーさが夏にぴったりの一品!

ピーマンのほろ苦さと、とろとろに煮込まれて味の染みたズッキーニはクセになる味です。隠し味のかつおだしと醤油で、旨みと香ばしさをプラスしたのもポイント。野菜だけなのに食べごたえがあるから、罪悪感なく満腹になれます。

食べる直前に卵でとじてもおいしくいただけますよ。ふわふわの卵とカレーのスパイシーさは鉄板の組合せ! まろやかな味はごはんが進みます。

 

【材料】(5食分)

ズッキーニ・・・2本

ピーマン・・・2個

オリーブオイル・・・大さじ2

塩・・・少々

カレー粉・・・大さじ1

にんにくチューブ・・・小さじ1

カットトマト缶・・・1缶

ヨーグルト・・・大さじ1

かつおだし顆粒・・・小さじ1

醤油・・・小さじ1/2

【作り方】

1. ズッキーニは1cm幅の輪切りに、ピーマンは横に大きめの短冊切りにします。

2. フライパンにオリーブオイルを入れて、ズッキーニを重ならないように敷き詰め中火にかけ、両面焦げ目がつくまで焼きます。

3. 2にピーマンを加えて油が全体にからむようにさっと炒めたら、塩、カレー粉大さじ1/2、にんにくチューブを加えて全体にからめながらさらに炒めます。油がはねやすいので注意してください。

4. 香りが立って来たら、カットトマト缶を加えて全体を混ぜて水分を飛ばしながら煮ます。焦げつかないように、へらなどで混ぜながら煮ましょう。

5. 汁気がなくなってきたら、カレー粉大さじ1/2、ヨーグルト、かつおだし顆粒を加えて全体を混ぜながら煮て、水分が飛んでペーストのような状態になったら醤油を鍋肌から垂らし入れて、全体にからめたら完成。

 

レモンが香るキャロットラペ

Photo by Otonaka Sara

はちみつを加えてコクと甘みをプラスすることで、酸味の角が取れたやさしい味に。

レモンの爽やかな香りで、さっぱりといただけますよ。

 

【材料】(5食分)

人参・・・1本

レモン・・・1/2個

白ワインビネガー・・・大さじ1

はちみつ・・・小さじ2

塩・黒胡椒・・・少々

オリーブオイル・・・大さじ1

【作り方】

1. 人参は千切りに、レモンは5mm幅の輪切りにしたら、さらに4等分にカットします。

2. 鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら人参を入れてさっと茹で、ざるに上げてしっかりと水気を切り、キッチンペーパーで揉んでさらに水気を切ります。

水気をしっかり切ることで、調味料がしみ込みやすく、解凍したときに水っぽくなるのを防ぎます。

3. ボウルに白ワインビネガー、はちみつ、塩・黒胡椒、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせ、そこに2、レモンを加えてよく混ぜれば完成!

 

冷凍保存の方法

Photo by Otonaka Sara

冷凍する際は、夏野菜のトマトカレー煮込みは、冷ましてから5等分に小分けにしてラップで包みましょう。

熱を冷まさないと露ができてしまい、解凍したときに水っぽくなる原因になるので絶対に冷ましてくださいね。食べるときは冷蔵庫に入れて自然解凍か、2分ほど電子レンジで加熱して解凍しましょう。

キャロットラペも5食分に小分けにしてラップで包んで冷凍庫へ。食べるときは、同じく自然解凍か、1分ほど電子レンジで加熱しましょう。キャロットラペは、冷凍したほうが味がしみ込みおいしくいただけますよ。

塩豚は、5等分にカットして、汁ごと保存袋に入れて空気をしっかり抜いて冷凍庫へ。食べるときは、冷蔵庫で自然解凍してください。

すべて冷凍なら2週間以内に食べてくださいね。冷蔵の場合、キャロットラペと夏野菜のトマトカレー煮込みは5日間、塩豚は3日間保存可能です。

 

塩豚、夏野菜とトマトのカレー風味、キャロットラペは相性がよく、おいしいのにとってもヘルシーな組み合わせだから、残業帰りの遅めのごはんでも罪悪感少な目でおすすめです。

休日にまとめてつくって、平日は楽しておいしい食卓を!

(レシピ制作・トップ画像/Otonaka Sara)

Otonaka Sara

音仲 紗良

フードコーディネーター&スタイリスト/エディター&ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ