ハピネス

2016.06.19 UP

【30代限定】大人女子なら知っておきたいカーキコーデBEST7

LINEで送る
Share on Facebook

カーキ

夏に欠かせないのは、落ち着いた色味で大人っぽさを演出してくれるアースカラー。特に「カーキ色」は気軽にコーディネートしやすい万能カラーです。ミリタリーの要素もあるので、カッコいい女性の装いにもってこいです!

大人に仕上げるなら、カーキ色の中でもモスグリーンのような暗めのトーンを選ぶようにしましょう。明るいトーンだと、アウトドア感が増して大人の色気が半減しちゃいます。

そんなダークカーキを取り入れた、シンプルだけどお洒落感満載な大人のカーキコーデBEST7をご紹介!

 

1. ワイドパンツで余裕のある女性を醸し出して

f4e9e62c47bdf94d6930f7018f44ee2e

Photo by Pinterest

カーキにかかれば、大流行中のワイドパンツもラフさと洗練さを兼ね備えた、絶妙な大人の装いに! ボトムスがワイドシルエットな分、ブラックのタイトなノースリーブトップスで締まりを出すなどして、上下のバランスを取って。

バッグや足元の小物類は、カーキと同じくアースカラーを選ぶとまとまります。カーキが暗いので、明るめのベージュなどでコントラストを出しましょう。

 

2. 遊びにもデートにも使えるシンプルワンピ

3229a23b3751906cf8103425274a42e1

Photo by Pinterest

カーキは肌馴染みが良いので、装飾がないシンプルなワンピースも、それだけでカッコ良く決まります。ただし、ワンピースの形によっては野暮ったく見えてしまうので、ボディにフィットするデザインのものがベター。

女性らしさをプラスするなら、ゴールドの華奢なアクセサリーを合わせてみて。ここでも、小物はベージュ系などのアースカラーを使ってアクセント出しを忘れずに。

 

3. マニッシュに決めるなら迷わずジレを!

0c6f95181dfba5d44135db6728444615

Photo by Pinterest

今季、注目したいアイテムがロングタイプの「ジレ」。シャツとパンツといったカジュアルスタイルに羽織るだけで、オシャレ度がグッとUPします。

写真のように、短かすぎず長すぎない太ももあたりの丈感が、スタイルを良く見せてくれます。インナーもノースリーブタイプを合わせて、肩から腕にかけてのラインをスッキリ見せるのが都会風に着こなすコツ。足元もメンズライクなシューズでクールに決めましょう。

 

4. 着回し度の高いシャツはマスト

56a214e7aba8493fbfae1e1432a738b5

Photo by Pinterest

着回しの効くシャツも1枚は持っていたいところ。ボトムスは、海外で人気沸騰中のクラッシュデニムパンツをスタイリングして今風に。ボーイフレンドタイプだとボーイッシュになりすぎるので、大人の女性にはスキニータイプがオススメ。

ちょっとハードすぎるなと感じる人は、ホワイトやブラックといったモノトーンのパンツでシックにまとめると大人っぽく仕上がります。写真のように、少しだけシャツをインするとこなれ感も演出できます! 足元はヌーディなサンダルで、軽さをプラスしましょう。

 

5. シンプルTでもオシャレなのが大人の魅力

348f8bc6aef91dab342c48aed6e8f8a2

Photo by Pinterest

シンプルなTシャツこそ、サラッと着こなすのが理想。定番の白も良いですが、着回しの効く無地のカーキTシャツが何かと重宝します。

上がシンプルだからと、ボトムスに派手なアイテムを合わせるのはNG。写真のように、ブラックのタイトロングスカートにフラットサンダルといった、パリジェンヌのような飾りすぎない装いがオシャレです。

スカートのスリットから、さり気なく肌が見えて大人っぽさも二割増し。スカートの代わりにホワイトデニムでメリハリを出すのも◎。

 

6. アクティブに動く日はサロペットで

221fcf5fa9dc903b626951b2af89046a

Photo by Pinterest

動きやすさ抜群のサロペットも、シックな色味のカーキなら、デニムのようなカジュアルさやラフさが抑えられ洗練された印象に! デニムよりトーンが暗いため、引き締め効果も期待できちゃいます。

ここで、インナーにルーズなシャツを持ってくるのは失敗のもと。また、インナーが見えすぎると、バランスが悪くなります。スタイリッシュに決めるなら、ボディシルエットを強調するタンクトップを合わせましょう。色は締まりのあるブラックなどが無難です。

足元の裾をロールアップして、アースカラー系のサンダルを合わせれば野暮ったさもなくなります。

 

7. シャツをアクセント出しの羽織り代わりに

2dfdc630c91b23f34d66bcdb1b259b63

Photo by Pinterest

ワンカラーのスタイリングに、羽織りとして加えたいカーキシャツ。サロペットと同様、デニムシャツよりも落ち着いた印象になるため、大人っぽく見えるのがポイント。

羽織りとしてカーキを取り入れるときは、インナーはブラックだと重たく感じるため、ホワイトのほうが相性が良いです。また、プリントが施されたものや総柄のインナーも幼く見えてしまうので避けましょう!

小物でブルーやイエローなどの原色を取り入れて遊んでみるのもいいかも。初心者さんはブラックの小物をチョイスすれば間違いありません。

 

いかがでしたか? 自分のお気に入りのスタイリングに合わせてカーキアイテムをプラスし、大人の女性の装いに仕上げましょう!

SEILA
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ