ハピネス

2016.05.17 UP

世界中で人気のファッションアイテム「キモノ」って?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000061284496_Small

日本の伝統衣装である「着物」。

私たち日本人にとっては日本古来の美意識や文化を象徴する存在ですが、海外では少し異なる形で親しまれているのをご存知でしたか?

それが、着物をカジュアルウェアに落とし込んだ「kimono(キモノ)」と呼ばれるアイテム。

袖口が広く、ノーカラーのシルエットは着物を原型としながらも、さらりと着られる軽い素材感と帯で締めずに前を開けたまま羽織るスタイルが特徴です。

 

10605008_b_01_500

Photo by ZOZOTOWN(Cher)

ファッションにおいて着物風のデザインは昔から取り入れられてきましたが、数年前に再び大きな注目を集め、多くのカジュアルブランドが次々と商品を展開したことから大ヒット!

リラックス感がありエキゾティックでおしゃれ、春夏に人気のBOHOシックなスタイルとも相性抜群、ボディラインを気にせずに着られるといった理由から、欧米では定番アイテムとして定着しています。

 

海外発!「キモノ」ストリートスタイル

042ed402e92c94974e5bbd8ed2b7c176

Photo by Pinterest

それでは実際に、キモノがどのように着られているのかをチェックしてみましょう!

こちらはシンプルカジュアルな上下に、サマーコート風のキモノを組み合わせたコーディネート。クロップド丈のトップ×ハイライズジーンズにロング丈のキモノをスタイリングしたバランス感が秀逸です。

フラワープリントのキモノも、ブラックがベースのタイプをチョイスしたことでシックな印象に。

 

6241e3c263900ba322d742b728c21495

Photo by Pinterest

こちらもまたシンプルなジーンズスタイルに、はっぴのようなキモノジャケットをふわりと羽織ったコーディネート。オーバーサイズ&ユニセックスな柄を選んだことで、こなれ感のあるハンサムな雰囲気に仕上がっています。

このように、総柄のキモノを羽織る場合はインナーをシンプルに抑えることが着こなしのポイント! デニムとの相性がいいのは嬉しいですね。

 

d2f2024e0d50a5607c552d9aa8df42c6

Photo by Pinterest

ボヘミアンでレトロな雰囲気をまとった「BOHOシック」なコーディネートにも、キモノがよく取り入れられています。

スエードアイテムやフリンジ、コットンレース、カットオフデニム、自然モチーフのシルバーアクセサリーなどがこのスタイルをつくり出す要素ですが、エキゾティックでリラックス感のあるキモノはこれらのアイテムと相性ぴったり!

特に春から夏にかけてのフェスシーズンには例年BOHOシックスタイルが注目を集めることもあり、この時季は透け感のあるライトな素材のキモノが大人気です。

 

今季の最新キモノをチェック!

ZARAやH&Mなどの手軽なファストファッションブランドからも、様々なアレンジが加えられたキモノが登場しています。

今回はその中から今おすすめの4着をご紹介! ぜひお買い物の参考にしてみてくださいね。

コーデの主役にしたい!カラフルなフラワープリント

2582579620_2_1_1

Photo by ZARA

こちらはサイドにカットを入れ、オリエンタルなフラワープリントが施されたキモノ。

単体だと大胆に見えても、インナーをシンプルにすればハッと目を引くカラーと柄で華やかコーデをつくり出してくれる優秀アイテム。コーデの主役として大活躍してくれること間違いなしです!

 

トレンドのレースでフェミニンなスタイルに

63067598_99-99999999_01

Photo by MANGO

レースのトリミングが特徴的なキモノジャケット。

たっぷりあしらわれた繊細なレースによって、ブラックの無地でもフェミニンな雰囲気。ワイドパンツなどによるリラックススタイルも女性らしくまとめてくれます。

無地のタイプはインナーに色や柄を取り入れたりと、合わせるアイテムで遊べるところもポイント!

 

ワントーン×刺繍でさり気ないエレガンスを

2903051701_1_1_1

Photo by ZARA

どこか和を感じさせるレッドブラウンのワントーンに、同じ色の糸で花柄の刺繍を施したこちらのタイプは、さりげなく目を引くエレガントさが魅力。

落ち感・透け感のある素材や、足首までのレングスも今っぽく、サマーコートとしてがんがん着回せる一着です!

パンツスタイルはもちろん、スカートやワンピースなどとも相性◎。

 

ディテールが際立つ70’sなヒッピースタイル

hmprod

Photo by H&M

シンプルでありながらも、袖口と裾の柄トリミング&フリンジがレトロなヒッピームード漂うこちらは、流行の70’sファッションとも相性抜群。

柔らかく肌触りのいい素材とリラックスしたシルエットは、夏の音楽フェスやバカンスでも活躍してくれそう!

 

海外ならではの様々なアレンジが加えられつつも、日本の着物がこうして新たなファッションアイテムとなって世界中で愛されているなんて、なんだか嬉しいことですよね。

軽い素材感でサラリと気軽に羽織れるキモノは、室内での体温調節に悩まされがちな夏にもぴったり。一枚持っていて損はないアイテムですよ!

Jaden

Jaden

スウェーデン在住ファッション・カルチャーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ