ハピネス

2016.04.06 UP

「将来が不安」「貯金が足りない」心配ゴトが多いときはどうすれば?

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000076658967_Medium

生きていると、色々なことが不安になります。仕事のこと、お金のこと、結婚のこと、介護のこと、老後のこと……。

誰しも未来のことを考えると、不安になるものです。だったらもう、未来のことを考えるのは止めませんか!

 

不安への備えが、次の不安のモトになっている

iStock_000065629867_Small
私たちは不安を感じると、なんとかその不安を払拭しようと、さまざまな対策を考えます。そして不安に備えて、さまざまな準備をします。

一番手っ取り早いのが、貯金でしょう。目的があって貯金している人もいると思いますが、将来何かあったときに備えて貯金をしている人の方が多いのでは?

でも一方で、いくら貯めたら不安がなくなるのかを具体的に考えている人は少ないものです。たとえ何千万円貯めても、安心できない人は多いでしょう。そして、一体いくらあれば足りるのかと、また不安になってしまいます。

そのせいで、好きではない仕事も辞められないし、お金を使うことも躊躇ってしまう。不安に備えるための貯金なのに、その備えが次の不安を呼び、今の自由を奪っているとしたら、その備えは本当に未来を幸せにしてくれるのでしょうか?

そろそろ、そんな悪循環は断ち切ってしまいましょう。

 

貯めても貯めても、足りない!

Happy woman with umbrella under a money rain

そんな無責任なことを言って、もしお金が足りなくなったらどうするの、という声が聞こえてきそうです。

流行りの洋服を買ったり、ネイルサロンやエステに行ったり、おしゃれなレストランで食事ができなくなったら? それでも、人は生きていけます。お金に見合う生活をする。ただ、それだけのことです。

もし病気になってしまったら? 自分が受けられる範囲の治療を受けましょう。お金がある人の方が、高度な医療を受けられるのは事実です。受け入れようと受け入れまいと、不平等だと感じようと、寿命の長さはお金で買えるのが今の世界の現実です。

そもそもお金は、いくらあれば足りるという類のものではなくて、いくらあっても足りなくなるのものです。お金の不安に駆り立てられて、さらに不安を抱え込むような人生を、みんな望んではいないはず。

 

「いつか死ぬかもしれない」は当然だから!!

iStock_000042674846_Small

お金と並んで私たちを支配するのが、いつか死ぬかもしれないという不安です。

人は誰でも必ず死にますが、自分や大切な人の死を、リアルにイメージすることは難しいものです。そのため「いつか」と、どこか幻想のようにとらえてしまいます。

私も、夫や子どもたちのことを考えると、死がとても怖いです。大切な人たちが死んでしまったらどうしようという不安にとりつかれて、眠れないこともあります。もしものときに備えて保険にも加入しましたが、根本的な解決にはなりませんでした。

 

だって、必ず死は訪れるんですから。死の確率を下げることは不可能です。だからきっと、そんな「いつか」を心配して、今から悲観に暮れるなんて意味がないのです。

限られた今という時間は、大切な人へ愛を注ぐことに使いましょう。そして、好きな人に好きと伝えて抱きしめられる今を、もっと大切にしましょう。

 

不確実な不幸より、確実な今を!

iStock_000067164901_Small

最後に、南米チリの作家エンリケ・バリオスの『アミ 小さな宇宙人』という本から、一節を紹介したいと思います。

「起こらなかった問題やこれからも決しておこりもしない問題を心配して、頭を悩ませて生きていくのをやめて、もっと「いま」という時を楽しむようにしなくちゃ、と言っているんだよ。人生は短いんだ。もし現実に、何かの問題に直面した時はそれに全力であたって解決すればいいんだ。

~中略~

よく見てごらん! 小鳥たちがなんのしんぱいもせずにとびまわっているのを、どうして、じっさい起こりもしないことに頭をなやませて、現在を犠牲にしなくちゃならないんだい?」

この先、いつか大きな不幸はやってくるかもしれません。でもそれは、少なくとも今ではありません。

過去の不幸な経験や事件を元にして、自分の未来まで不幸に作り上げる必要はありません。大切な今を、ゆっくり味わって過ごしませんか?

平 理以子

平 理以子

バリ島在住フリーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ