ハピネス

2016.03.08 UP

実は人気!欧米女性が注目している日本のヘルシーフード3選

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000056300478_Small

海外でも人気の高い和食。美容や健康に関心の高い欧米女性たちの間でも、日本のヘルシーフードに注目が集まっています。

どれも国内では馴染みのある食材なのに、海外では思いがけない食べ方をされていてびっくり……ということも! 海外で話題の少し意外な日本のヘルシーフードと、欧米でのユニークな食べ方をご紹介します。

 

サラダにパスタに大活躍の「枝豆」

1

Photo by my Supermarket

手軽に食べられるヘルシースナックやおつまみとして、ここ数年注目されている「edamame(枝豆)」。悪玉コレステロールを減らす働きがあるほか、美肌効果も期待できる優秀な食材です。検索サイト「グーグル」の調べによれば、2013年1月〜11月までに検索された和食のキーワードでは、なんと2位にランクインしたことも!

海外では冷凍の枝豆が主流です。アメリカやイギリスなどでは大手スーパーの冷凍食品コーナーで、フランスでは冷凍食品専門店「ピカール」などで枝豆を購入することができます。

興味深いのが、冷凍グリーンピースのようにさやから出した状態で売られているものが多いこと。もちろん、さやに包まれたものもありますよ。
2

Photo by M&S

サラダやパスタ、あるいは炒め物、スープやディップなどにして食べるのが一般的です。また、スナック感覚で食べられるローストした枝豆も人気。

イギリスの高級スーパー「M&S(マークス&スペンサー)」では、「キヌアと枝豆のサラダ」(写真)や「枝豆とサーモンの和風サラダ」など、枝豆を使ったサラダが!

 

ダイエット効果に注目が集まる「海藻類」

iStock_000059002548_Small
「seaweed(海藻類)」も食物繊維が豊富で栄養満点なため、注目されています。これまで海外で海藻というと海苔ぐらいしか知名度はなかったものの、近年ではワカメ昆布なども知名度がアップ!

イギリスが誇るセレブリティシェフのジェイミー・オリバーを始め、各国のシェフたちがその栄養価の高さとダイエット効果に注目しており、ヴィクトリア・ベッカムやブリトニー・スピアーズなどといった海外セレブたちの間でも人気を集めているのだとか。

欧米のスーパーでは焼き海苔のほか、シー・スパゲティーや、テーブルソルト感覚で使える「ノリソルト」を置いているところもあります。

美容に関心の高い欧米女性の中には、フードプロセッサーで焼き海苔を細かくしたものと塩を混ぜ合わせて「ノリソルト」を手作りする人も。サラダや炒め物のトッピングに使うそうですよ。炊きたてのご飯にふりかけても美味しそうですね。

 

香りと使い勝手の良さにファンの多い「柚子」

iStock_000071812143_Small

フルーティーな香りと美容効果の高さが評判の「yuzu(柚子)」。皮に含まれるビタミンCの量はレモンよりも豊富で、柑橘系果物のなかでもトップクラスです。

欧米では、柚子を使ったメニューを提供しているレストランも少なくありません。パスタやリゾットに、肉のマリネ液やドレッシングに、ケーキやカクテルの香り付けなどに幅広く使われています。

フランスでは、ゲランド塩田の良質な海塩「フルール・ド・セル」に柚子を加えた「フルール・ド・セル・オ・ユズ」や、柚子入りのグリーンティー柚子のマカロン柚子のショコラなどもあり。オーガニックショップや自然食品のお店、デパートや大手スーパーなどで買い求める人も多いようです。

普段はあまり気に留めない食材が、海外の雑誌やテレビなどで「日本発のヘルシーフード」として紹介されているのだから、わたしたちも活用しない手はありませんね! 普段とは異なる食べ方で、その素晴らしさを再認識してみませんか?

参考:「日本経済新聞

関連記事

栄養をとりながらダイエット!「キヌアの栄養とおいしい食べ方」

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ