Fortune

2014.12.13 UP

一度は聞いたことのある「おまじない」に隠された深層心理とは?

LINEで送る
Share on Facebook

60010574_149e48d8af

書店の入口に、運勢本が平積みにされ始めましたね。来年の運勢が気になる季節になりました!

そこで今回は、皆さんが一度は聞いたことがある「おまじない」に隠された深層心理をご紹介しましょう。

 

案外、おまじないは理にかなった手段なんですよ。

当たる可能性も十分ありますので、試す気分でチェックしてみてください。

 

左手の小指にピンキーリングをはめると、恋人ができる

1

じつは、指輪はどの指にはめるかによって、相手に与える印象が変わってくるのです。

親指は、個性の強いイメージ

人差し指は、洗練された女性の印象があり、高嶺の花で手が届かないイメージ

中指は、誘惑に負けない理性的なイメージ

薬指は、結婚のイメージ(やっぱりね)

 

そして小指は、「約束」を象徴する指であり、一番端で一番細い指であることから、華奢で頼りないイメージを相手に持たせることができます。

 

左手にした方がよい理由ですが、幸せは右手の小指から入って、左手の小指から逃げるという言い伝えがあります。

オードリーヘップバーンは、幸せが逃げないように左手に指輪をして、幸せを留めておいたそうです。

 

339880332c685efb77141d3c93d8c0d7

男性は、複数のことを同時に行うのが苦手なタイプなため、動いているものより、止まっているものに集中して興味を示す傾向があります。

日本人は、右利きの人が多いですから、左手で物を支え、右手は動いているケースが多いんですよね。

 

ですから、止まっている左手に注目したとき、小指のピンキーリングが気になります。するとその細い指に付けられた指輪が頼りなさげに見え、彼女を守ってあげたくなる心境になる……という訳です。

 

ほっぺにハートを描くと、理想の恋が手に入る

imasia_10597803_M

鏡を見ながら、ほっぺにハートを描くというおまじないです。

このおまじないが理想の恋を引き寄せる理由は、3つあります。

 

まず、ハートを描くとき、顔の様々なツボを刺激することで、肌のたるみやくすみ、ニキビ予防になります

 

次に、指で肌をなぞると、その日の肌の調子を気にするようになります

カサカサと乾燥したりすることなく、しっとりふっくらした肌でいたいと思うと、洗顔後のお手入れの仕方が変わります。

 

そして、理想の恋に憧れて鏡をみるときは、優しい笑顔になります

その笑顔が習慣になって、いつも優しい表情でいると、男性は心惹かれます。

 

枕の下に好きな人の写真を入れて寝ると、仲直りできる

imasia_8215378_M

枕の下に、好きな人の顔を黒で塗りつぶした写真を入れて寝るとよいというおまじないです。

「まじない」は漢字で「呪い」と書きますから、彼の顔を塗りつぶすとは、まさに呪いのようですよね。

 

このおまじないは、心理学を基に、夢占いで紐解いてみましょう。

想いを込めて写真を用意することで、潜在意識に彼のことが深く残ったまま眠り、彼の夢を見やすい状態になります

 

そして夢の中における好きな人との関係は、ほとんどがあなたの願望や不安、警告を表しています

夢の中で彼と仲良くしている時は、「仲良くしたい」というあなたの願望が表れています。

反対に、彼に嫌われたり、彼から逃げているような夢は、そうなりたくない不安な気持ちが強い時に見るようです。

 

しかし、「逆夢(さかゆめ)」の場合もあるんです!

たとえば「恋が終わる夢は、結婚する可能性が高い」とよく言われますが、これは恋する段階を超えて、結婚という魂の繋がりに進むことを表しているんです。

 

彼の顔を黒で塗りつぶすと、お互いの顔が見えなくて、不安な状態になりますよね。そのまま眠りに入ると、彼に嫌われている夢をみるかもしれません

これがもし、逆夢だとしたら、ラッキーなことがある可能性があります!

 

この3つのおまじないには、「女らしいしぐさ」「美容」「しっかり睡眠」が大きく関わっていることがわかりました。

おまじないを上手に使って、美しさと素敵な恋愛を手に入れましょう!

 

Photo by pedrosimoes7Jewelry Atelier Orefice

藤田 みよこ

藤田 みよこ

(Eggコミュニケーション代表/講師)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ