Fortune

2013.07.29 UP

仕事は「愛」を高める絶好のエクササイズ

LINEで送る
Share on Facebook

KEIKO001

「今の仕事が、正直イヤ……。本当は辞めたい」って考えたこと、ないかしら? けれど今の時代、転職も自信がなくて、結局「嫌々ながら、仕事を続けている」っていう人、けっこう多い。あなたはどう?

 

実際、心から「イヤ!」って思っている場合は要注意! イヤな仕事って、自分に合わないってサインでもあるの。だから、続けてもあまり意味がない。逆に、新しい仕事を見つけたほうがいいってときもあるわ。

 

でも、現実ってそう簡単にはいかないわよね。
だからこそ、まずは「自分自身の、仕事に対する考え」を見直してみてほしいの。

 

たとえば、「お客様に喜んでもらうのが商売の基本」って言葉を聞いたことない? ここにヒントが隠れているの。あなたは気づけたかしら?
実は「誰かに喜んでもらう」って、商売だけじゃない。すべての仕事に言えることなのよ。

 

そして、もうひとつ。人に喜んでもらうために、1番大切なことって何だと思う?
そう、答えは「愛情」よ。
つまり、「仕事=愛を伝える手段」ってことなの。身近な人・顔も知らない人は関係なく、愛情を注ぐのが勤労とも言えるわね。

 

「愛情を注ぐ」って、女性の得意分野。DNAに植え付けられた本能とも言えるくらい、相性の良い行動なのよ。
もしあなたが「お金を稼ぐために、仕事をしている」って思っているようなら、少し立ち止まって。そして「人を喜ばせるために、働こう!」って感じながら、仕事を続けてみてほしいの。

きっと、あっという間に仕事が変わってくるはずよ。「愛」を高めることもできるから、まさに一石二鳥! 仕事は女にとって、夢のようなシステムなのね。

 

文・KEIKO

 

【画像】

by**spaceMonkey**

KEIKO

KEIKO

(ソウルメイト研究家)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ