ファッション

2015.11.14 UP

背が低くても似合うロングコートを選ぶ!アウター着こなし術

LINEで送る
Share on Facebook

長アウター_トップ

今シーズンはロングコートやロングカーディガンといった、ロング丈のアウターが大人気。さらっと羽織るだけで旬のオーラをまとえるカッコいいアイテムですが、背が低い人にとってはバランスよく着こなすのが難しくもあります。

それでもやっぱり、「背が低くたって旬のアイテムを楽しみたい」と思うもの!

そこで、身長160cm以下でも似合うロングアウターの選び方と着こなしテクをご紹介します。

 

ロングコートは「落ち感」のある素材をチョイス

7910748_b_41_500

Photo by ZOZOTOWN(Ungrid)

小柄な人がロングコートを選ぶ場合は、厚手のしっかりした素材は避けて、落ち感のあるやわらかな素材を選びましょう。

厚手ウールのメルトンなど、形がしっかりと出る生地のロング丈は、小柄な人が着るとどうしても服に着られている感がぬぐえません。トレンドのオーバーサイズコートだとなおさらです。

秋素材なら落ち感のあるテンセルなどが入った生地、冬素材ならしなやかなカシミアやアンゴラ混のウールなどがおすすめです。ボリュームがあるデザインでも形がしっかり出過ぎないので、着やすいですよ。

 

ロングカーディガンは、小柄でも着やすい!

8293966_B_03_500

Photo by ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

やわらかなニットのロングカーディガンも、同じ理由で着やすいアイテムです。

カーディガン以上コート未満の”コーディガン”もさらっと羽織れるので、おすすめ。前を開けて着ると軽さがでるので、バランスよく着こなせますよ。

「ロングコートはちょっと難しそう」と思ったら、まずはこちらから挑戦してみるのもいいですね。

 

細身のややAラインシルエットが着やすい!

8611392B_18_D_500

Photo by ZOZOTOWN(Ungrid)

チェスターコートのようなシャープでかっちりしたアウターなら、細身でややAラインのベーシックな形がおすすめ。

肩が落ちたオーバーサイズのチェスターコートはトレンドですが、やはり背が低いと着こなすのが難しくもあります。

その点、肩がジャストサイズで自然な裾広がりの細身シルエットなら、スタイルアップが叶うので背が低くてもカッコよく着こなせます。

 

スタイルよく見える着こなしポイント

7910748_b_31_500

Photo by ZOZOTOWN(Ungrid)

背が低くてもバランスよく見せるには、まずは足元にヒールがお手軽ですが、それ以外にもポイントはあります。

■帽子やマフラー、大振りピアスやネックレスなどの小物で視線を上げる。

■前を開けて、軽さを出す。

■トップス&ボトムコーデの場合は、トップスをボトムにタックインしてウエストラインを高く見せる。

これらのポイントを押さえておけば、小柄な人でも大丈夫!

体型なんて気にせず、旬のファッションをたくさん楽しんじゃいましょう!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ