ファッション

2015.09.10 UP

女子の裏技!ハイヒールをはいても足が痛くならない3つの方法

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000016799571_Medium

足をきれいに見せてくれるハイヒールは、オシャレ女子の必須アイテムですよね。

でも、買ったばかりのハイヒールは、水ぶくれができたり、靴擦れしたり……足に馴染むまでが大変。オシャレを楽しみながらも、快適に履きこなしたいものです。

この機会に、ハイヒールで足が痛くならない方法を再確認してみましょう!

 

買ったばかりのハイヒールをすぐに馴染ませるには?

iStock_000030293276_Small

先端が細いデザインのハイヒールは、指先や甲が擦れてしまって痛いですよね。足に馴染んでしまえば、痛みも軽減できるのに!

そんなときは、下ろし立ての靴を何度か履いた状態にしてあげましょう。

 

靴下を何枚か重ね履きして、部屋のなかでハイヒールを履きます。そして痛みを感じる部分にドライヤーを当てると、素材が馴染みやすくなるそうです。

ドライヤーを当てすぎるとシューズの素材を傷めてしまうため、20〜30秒程度を目安に、数回繰り返すのが◎。

 

つま先の痛みを軽減する方法

iStock_000019107959_Small

つま先が尖ったハイヒールをずっと履いていると、かなり疲れちゃいますよね。でも医学の知識を応用すれば、ヒール疲れも怖くありません!

ハイヒールを履く前に、伸縮性のあるメディカルテープを足の中指と薬指に巻き付けます。足の中指と薬指には神経が通っていて、テープが神経の痛みを和らげる働きをしてくれるのだそう。

実際に試してみたところ、着地するときの衝撃が少し和らぐように感じました。

 

ハイヒールの履き心地をもっと良くするには?

iStock_000020643770_Small

デザインや形は素敵なのに、履き心地がいまいちなハイヒールって多いですよね。

そんなときは、クッションパッドやインソールを取り入れてみて。ハイヒールの履き心地が変わりますよ。

靴底に貼るタイプのクッションパッドは、地面に着地したときの衝撃を抑えてくれるので、ジャストサイズのハイヒールを履きこなすのに最適。

靴の中に敷くインソールは、土踏まずの痛みを和らげてくれます。

 

東急ハンズやロフト、ドラッグストアでも、さまざまなニーズに対応したクッションパッドやインソールが手に入ります。

洗えるタイプのものだと、他のシューズを履くときにも使えるので便利です。

 

どうしても痛みが軽減されないなら・・・

iStock_000020693271_Small

「やっぱり痛みがなくならない!」という場合に備えて、フラットシューズを携帯してみてはいかがでしょう?

欧米の女性たちのなかには、フラットシューズをバッグに忍ばせておき、用事のあとに履き替えるという人が多いものです。

 

足の痛みから解放されれば、ハイヒールも怖くありません。

これまで挑戦できなかった人も、この秋は快適にハイヒールを楽しんでみては?

iStock_000011704660_Small

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ