ファッション

2017.03.30 UP

手持ちの【トレンチコート】がトレンド服に!今っぽく着こなす方法3選


Photo by ZOZOTOWN

トレンチコートが活躍する季節ですよね。でも、コーディネートがいつも変わらなくて、つまらないと感じたことはありませんか?

そんなあなたのために、今回はトレンチコートを今っぽく着こなすテクニックを3つご紹介したいと思います。

 

手持ちのトレンチコートに【スカーフ】をプラスしてエレガントに

オーソドックスなトレンチコートも、ほんのひと手間で印象がガラッと変わりますよ。オススメしたいのは近年トレンドのスカーフを活用するテクニック。

ワンポイント加えるだけで、女性らしいエレガントな雰囲気が漂います。

 

Photo by ZOZOTOWN

さり気ないオシャレ感を演出したいなら、小判のスカーフがオススメ。大判に比べて控えめな印象を与えるため、派手になることなく、知的な雰囲気に仕上がります。

スカーフの柄を活かすために、合わせる洋服は無地のシンプルなものをセレクトして。

 

Photo by WEAR

こちらはトレンチコートのベルトをスカーフにチェンジするテクニック。もともとコートに付属されているベルトだと物足りないと感じている人も、これなら気分を新たにオシャレを楽しめるハズ!

スカーフはコートと同系のカラーが入っているものを選び、統一感が出すのがコツです。

 

Photo by ZOZOTOWN

トレンチコートに直接つけなくても、写真のようなヘアアクセサリーとしてスカーフを活用する方法もあります。スカーフがアクセントとなって、トレンチコートをシックに魅せてくれますよ。

ロングヘアの人はポニーテールにスカーフをプラスしても素敵ですね。

 

余計なものはいらない、【シンプル】な大人のトレンチ

トレンチコートといえば、大きめなラペルに肩に付いたエポーレット、もとは雨風よけを目的としていたガンフラップやストームシールドなど、付属部位が盛りだくさんですよね。

でも大人っぽい落ち着いたファッションにはシンプルが◎。ということで、余計なものをそぎ落とし、シンプルに徹したトレンチコートをご紹介します。

 

Photo by ZOZOTOWN

こちらはトレンチコートの代名詞ともいえるラペルを排除した、とてもシンプルなデザイン。ガウンやロングカーデのようにサラリと羽織れるので、スタイリングもしやすいですね。

トレンドのワイドパンツなどと合わせて、リラックス感を出すのがポイント。

 

Photo by ZOZOTOWN

こちらもノーカラータイプですが、ウエストの部分にギャザーが入っており、コートなのにスカートのようなエレガントさを感じさせます。

シンプルながらも、フェミニンな要素が入ったデザインはオトナ女子にピッタリ!

 

Photo by ZOZOTOWN

大きめなボタンもトレンチコートの特徴のひとつ。それをなくすだけで、こんなにも落ち着いた印象に。デニムなどのカジュアルなスタイルに合わせるとシックに決まりますね。

ただし、シンプルゆえにメンズライクに寄りすぎる場合があるので、小物使いやヘアアレンジなどで女性らしさを忘れずに

 

春だからこそ【カラフル】なトレンチコートで気分を上げよう!

これからトレンチコートを新調しようとしている方にオススメしたいのが、カラートレンチ。最近では、定番色以外にもさまざまなカラーが登場しています。

春だからこそ着こなせる明るい色のコートで身も心も上げていきましょう。

 

Photo by ZOZOTOWN

ホワイトに近いライトブルーのトレンチコートはクールな雰囲気に。

写真のように、組み合わせる洋服も寒色系のアイテムをセレクトすれば、さらにカッコよく決まりますよ。ハットなどの小物使いも楽しめそう。

 

Photo by ZOZOTOWN

ブルーは春のファッションに取り入れやすいカラー。

同じブルー系のデニムにもよく合いますね。カジュアルになりすぎないように、足元はパンプスなどのキレイめシューズを。

 

Photo by ZOZOTOWN

春らしさを感じるピンク系のトレンチコートも注目度高め。とろみ感のある素材のものを選べば、女性らしい柔らかさを表現することができます。

インナーやボトムスの素材感も統一させて、シックにまとめるのがオススメです。

 

いかがでしたか? 定番のトレンチコートにも、今っぽく着こなすテクニックがまだまだありますね。

自分のスタイルに合うワザを取り入れ、春のトレンチコートファッションに活かしてみて。

may

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ