ファッション

2017.03.21 UP

パンツだけじゃない!春にはきたい大人の「デニムスカート」って?


Photo by ZOZOTOWN

デニムのボトムスというとすぐにデニムパンツが思い浮かびますが、この春はデニムスカートにも注目! レディなシルエットでも素材がデニムなので、かしこまらずにこなれたムードで着こなせます。

そんなカジュアルとエレガントのバランスがちょうどいい、大人のためのデニムスカートをご紹介します。

 

まずは基本のひざ下タイト

Photo by ZOZOTOWN

大人のデニムスカートはひざ下丈以上が基本。ひざ上だと一気に子供っぽくなっていまうので避けたほうが無難。

ロングスリット入りのひざ下ペンシルシルエットなら、大人っぽい印象で何にでも合わせやすくて便利です。

 

Photo by ZOZOTOWN

フロントにボタンが並んだデザインは、ちょっとレトロな雰囲気が今季らしい感じ。

ボタンの縦ラインのおかげで、ほっそり見えるというハッピーな効果も!

 

ひとクセありデザインもデニムならOK

Photo by ZOZOTOWN

安心感のあるデニム素材なら、ひとクセありのデザインでも気軽にはけるはず。

こちらは、色落ちの違うデニムを組み合わせたリメイク風スカート。フロントボタンデザインと同じく、縦の切り替えで細見え効果も期待できます。

 

Photo by ZOZOTOWN

女らしいマーメイドシルエットは、カジュアルなデニム素材とのバランスがちょうどいい感じ。ウエストラインのフリンジもトレンド感たっぷりの一着です。

 

レディなロング丈が新鮮!

Photo by ZOZOTOWN

女度高めのロング丈も新鮮!

こちらはひざ下タイトスカートをそのまま伸ばしたようなシルエット。大胆に入ったロングスリットは、カジュアルなだけじゃない大人の女の色気が感じられます。

 

Photo by ZOZOTOWN

こちらのように、サッシュベルトやコルセットベルトをスカートのウエストの上から巻いたスタイリングも、トレンド感たっぷり。

 

Photo by ZOZOTOWN

ノンウォッシュのインディゴデニムなら、きちんと感がアップ。きれいめスタイルにだってたくさん活躍してくれそう!

 

Photo by ZOZOTOWN

ボリューミーなフレアシルエットは、ドラマティックな雰囲気。カジュアルなデニム素材だからこそ大げさすぎずにすんなり着こなせますね。

 

デニム風の素材にも注目

Photo by ZOZOTOWN

デニムというと綿100%(ストレッチデニムならポリウレタンが少し)が定番ですが、ポリエステルやテンセル混のデニム風素材にも注目。落ち感がでるので、より女らしい印象に。

こちらのようなハイウエストの共布ベルト付きは、メリハリのあるスタイル作りにうってつけ。

 

Photo by ZOZOTOWN

ドレープ感を活かしたフェミニンなフレアやラッフルデザインも、レディなムードが漂う春夏にピッタリ。綿100のデニムスカートとはまた違った雰囲気を楽しめますよ。

 

デニムスカートというと今までは子供っぽいイメージが強かったかもしれませんが、今季は大人デザインが豊富。デニムパンツ同様に合わせやすさは抜群なので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう?

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ