ファッション

2017.03.03 UP

今季1枚持つべき!【ホワイトラッフルブラウス】の着回し力がすごい

LINEで送る
Share on Facebook

昨年に引き続き、2017年春夏シーズンもトレンドシーンに鎮座している「大人のラッフル」。様々なラッフルデザインのアイテムが登場していますが、中でもおすすめなのが白のラッフルブラウスです。

ベーシックな白シャツよりも女性らしい印象に仕上がるうえ、白シャツに負けず劣らずの着回し力も大きな魅力。1枚持っていれば様々なスタイルで大活躍してくれること間違いなしです!

今回は、そんな白のラッフルブラウスの活用術を相性ぴったりのアイテムとともに豊富にお届け。フェミニン派はもちろん、カジュアル派にもぜひトライしてもらいたい一着です。

 

ファッショニスタの支持率No.1!ラッフルブラウス×デニムで作る春カジュアル

Photo by Pinterest

「白シャツ×デニム」は春のユニフォームと言えるほどの定番スタイル。暖かくなってくるとなんとなくこの組み合わせが着たくなる、なんて人も多いのではないでしょうか?

しかしこの春は白シャツの代わりにラッフルブラウスを! というのも、コレクション会場のファッショニスタやエディター達のリアルクローズを見ても、今季は写真のような「白のラッフルブラウス×ハイウエストのストレートデニム」の組み合わせが主流。大人気の「グッチ(GUCCI)」のダブルGバックルベルトも含めてラッフルブラウスの支持率No.1コーデとなっています。

Photo by Pinterest

もう少し大人っぽくデニムスタイルを楽しみたいという人には、春らしい軽やかさがありながらもシックにまとまるグレー系デニムがおすすめ。

足首の見えるクロップド丈とキトゥンヒールの組み合わせは、それだけでとってもフェミニンな足元に仕上げてくれますよ。

 

ガーリーなラッフルブラウスを辛口に着こなすモノトーンコーデ

Photo by Pinterest

スウィートなイメージの強いラッフルブラウスですが、白の一着を選べばガーリーにもモードにも変幻自在なのがこのタイプをおすすめする所以。そんな白のラッフルブラウスを辛口な味付けで着こなしたいときは、やっぱり黒のアイテムを合わせてモノトーンで着こなすのが最もシンプルで失敗しない方法です。

レイヤードスタイルが大トレンドとなっている今季は「トップス×ボトムス」の組み合わせだけにこだわらず、写真のようにドレスやジャンプスーツを上から重ねるスタイリングにもぜひトライしてみて!

Photo by Pinterest

首元が大きく開いたロマンティックなラッフルブラウスを、黒で統一したスキニーパンツやチョーカー、バッグとともにスタイリングした甘辛ミックスコーデ。

カラフルなファッションに身を包んだ人達の中で、モノトーンの存在感がキラリと光るクールなスタイリングです。

 

ナチュラルカラーを合わせて大人っぽく、軽やかに

Photo by Pinterest

可愛らしいラッフルブラウスを大人っぽく、そして春らしい軽やかさで着こなすのにおすすめなのが、ベージュやタン、カーキなどのナチュラルカラーのアイテム。シックな明るさを持つナチュラルカラーなら、ブラウスのガーリーな魅力を壊すことなく、落ち着いた大人な雰囲気に仕上げてくれます。

写真のような大胆なミニボトムを合わせても、子供っぽくならないのが嬉しいところ!

Photo by Pinterest

今季トレンドのシングルオフショルダータイプも要チェック。露出度の高いアイテムだからこそ、上品なカラーを合わせてバランスを取るのが大人っぽく着こなすポイントです。

首周りの肌が大きく出るこういったデザインの場合は、いっそアップヘアで思い切って肌見せしちゃう方がヘルシーな印象に。大ぶりなピアスなどでアクセントをつければ、女性らしいかっこよさもプラスできますよ。

 

デニム、ブラック、ナチュラルカラーに合うということは、すでにワードローブにある多くのボトムスとコーディネートできるということ!

この春のスタメン入り確実のホワイトラッフルブラウスを、今季のアイテムリストにプラスしてみてはいかがですか?

Jaden

Jaden

スウェーデン在住ファッション・カルチャーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ