ファッション

2017.02.15 UP

デニムなのにきちんと感!大人ワードローブに必須な今春ワイドデニム特集

LINEで送る
Share on Facebook

Photo by ZOZOTOWN(Lee SHOP)

今っぽくてどんなファッションにも相性抜群、いろんなシーンで活躍してくれるボトムスがあれば、コーデに悩むことも少なくなりますよね。

今回、大人におすすめしたいのは、インディゴブルーのワイドデニム。ゆったりしたシルエットなので、はき心地も快適! わたしもコーデを考えるのが面倒なときは、ついつい選んでしまいます。

そんな大人が頼れる万能ボトムスの魅力をご紹介します。

 

「インディゴワイドデニム」は大人のワードローブに必須!

Photo by ZOZOTOWN(Lee SHOP)

ここ最近のパンツは腰高のワイドシルエットが主流ということで、デニムもそのトレンドをしっかりと反映しています。脚のラインを隠してくれるので、大人にはうれしいトレンドですよね。

ワイドデニムの中でも濃いめのインディゴブルーはネイビーパンツ感覚ではけるので、オンオフ問わずに大活躍。1本持っていると、かなり使えるアイテムなんです。

 

デニムなのにきちんと感もキープ

Photo by WEAR

デニムというとカジュアルな印象が強めですが、色落ちの少ないインディゴデニムならきれいめな印象も。大人らしい腰高ワイドシルエットで、上品ムードが一層高まります。

こちらのようにデニム以外をきれいめアイテムで揃えると、きちんと感も感じられるスタイルに。

 

Photo by WEAR

トップスはショート丈を選ぶか、トップスの裾をタックインしてメリハリをつけると、脚長効果も抜群。

きれいめニットやシャツ&きちんと靴を合わせれば、上品に着こなせます。

 

スニーカーでもバランスよく着こなせる

Photo by WEAR

スニーカーやぺたんこ靴でもバランスのいい着こなしができるのは、かなりの高得点! コンバース オールスターやアディダス スタンスミスなど、シンプルでスッキリしたフォルムのスニーカーが相性ピッタリ。

デニムの丈はこれくらいの短すぎず長すぎないギリギリの丈がベスト。デニムの裾がスニーカーに当たってたるんでしまうと、カジュアルな印象が強くでてしまうので長すぎには注意。

 

Photo by WEAR

デニムが濃い色なので、抜け感をだせる白が入っているスニーカーを選ぶと、バランスよく着こなせますよ。

 

カジュアルコーデが大人っぽく仕上がる

Photo by WEAR

こちらのようにスポーティーなアイテムと合わせても、腰高ワイドシルエットのおかげでカジュアルすぎない大人スタイルに仕上がります。

 

定番アウターコーデが新鮮に見える

Photo by WEAR

定番のトレンチコート×デニムコーデも、今っぽい雰囲気に。

こちらのような縦長のI(アイ)ラインシルエットにまとめることで、さらにスタイルアップ!

 

Photo by WEAR

Gジャンを合わせたデニムonデニムは、濃いめのインディゴブルー同士の組み合わせなら、カジュアルすぎずに上品に着こなせます。

今の季節なら、この上からコートを羽織ってもおしゃれですね。

 

きれいめにも大人らしいカジュアルスタイルにもピッタリはまる、インディゴブルーのワイドデニムは大人のワードローブの万能選手。まだ持っていない人は、早めにゲットすることをおすすめします!

 

※記事内の画像は全て、株式会社スタートトゥデイの許諾を得たものです。

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ