ファッション

2017.01.25 UP

配色センスがカギ!ひと巻きでこなれ感アップの「ストール」コーデ術

LINEで送る
Share on Facebook

Photo by ZOZOTOWN

手軽に温度調節できるストールは、何かと便利なアイテム。コーデが物足りないなと感じたときにもサッとプラスできるので、何種類か揃えている人も多いのでは?

みんなが持っている手軽なアイテムだからこそ、おしゃれに見える服との合わせ方をマスターしちゃいましょう。難しいテクニックは必要ない、ストールの上手な合わせ方をご紹介します。

 

ニュアンスカラーを馴染ませる

Photo by WEAR

ライトグレーやベージュといった淡いニュアンスカラーの無地ストールは、使い勝手抜群。

おしゃれに見える一押しの合わせ方は、トップスやアウターと同系色で揃えて馴染ませる方法。コーデの中にグラデーションを作ることで立体感がでて、上品で大人っぽい印象に仕上がります。

 

Photo by WEAR

こちらはカーキ色のトップスにベージュのストールをオン。

ファッション自体はシャープな印象ですが、やさしい色味のストールを加えることで女らしさがグッとアップしていますね。

 

控えめな柄のニュアンスカラーも大活躍

Photo by WEAR

ニュンスカラーのストールは無地以外にも、控えめな柄物を持っていると便利。

単調になりがちなシンプルコーデに奥行きとリズムを与えてくれます。

 

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

軽やかな色がベースのストールだと、顔色が明るく見えるという大人にはうれしい効果も!

チェック柄やグラデーションのような太いストライプ柄がおすすめです。

 

Photo by WEAR

ストールに色が何色か入っていても全体的に落ち着いた色味なら、コーデに馴染ませやすいですよ。

 

柄ON柄も難しくない!

Photo by WEAR

さらに馴染ませカラーの柄ストールなら、柄ON柄の上級者スタイルも難しくありません。

チェック×ストライプのゴチャゴチャしそうな柄コーデも、色数を抑えることで大人っぽくシックな雰囲気に。

 

定番チェックは「赤」が入っている柄が人気

Photo by WEAR

タータンチェックのストールは、季節感たっぷり。いろんな色の組み合わせがありますが、一番人気は「赤」が入っている柄。

手軽に女性らしい華やかさをプラスできるので、ダークカラーコーデのアクセントにもピッタリ。

 

Photo by WEAR

デニムのブルーやトレンチコートのベージュなど、定番アイテムにも相性抜群なので合わせやすさも◎。

 

Photo by WEAR

赤は派手すぎるかなと感じる人は、ダークグリーンやネイビーなどがベースの赤の分量が少ない柄をチョイスしてみて。

華やかさもありながら、落ち着いた印象で身に付けられますよ。

 

ストールはトレンドにあまり左右されないアイテムなので、毎年少しずつ買い足すのもよさそう。まだ冬セールが開催中なのでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

※記事内の画像は全て、株式会社スタートトゥデイの許諾を得たものです。

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ