ファッション

2017.01.08 UP

ハンサムなのに女っぽい!素敵女子だと褒められる「ネイビー」のコーデ術

LINEで送る
Share on Facebook

上品・知的・ハンサム・色っぽいetc……。大人の定番色「ネイビー」は、着方次第でいろんな雰囲気をまとうことができる色。クローゼットの中を見渡すと、ネイビーの服がたくさんあるという人は多いのでは?

そんな身近なネイビーを、もっとおしゃれに今っぽく着こなせるスタイリングテクをご紹介します。合わせ方次第で手持ちのアイテムが新鮮に見違えるはず!

 

旬の配色「ネイビー×ブラウン」

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

この配色にするだけで今季らしく見える「ネイビー×ブラウン」は、冬のうちにたくさん楽しんでおきましょう。

春が近づいてくるころには、肌見せや白アイテムをプラスして軽さをだすと◎。

Photo by WEAR

ブラウンは小物で取り入れるのもおすすめ。

こちらのコーデは、靴とバッグを深みのあるブラウンで統一することで、カジュアルコーデが大人っぽくてシックな雰囲気に。

 

ベージュで軽やかに

Photo by ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

「ネイビー×ベージュ」も相性抜群の組み合わせで、ブラウンよりも軽やかに仕上がります。

定番色同士の組み合わせなので、手持ちのアイテムでも挑戦しやすいですよね。

 

ネイビーのグラデーション×メタルアクセ

Photo by WEAR

ネイビーのアイテム同士を組み合わせたグラデーションコーデは、立体感のあるスタイルが作れます。

ここからさらにオシャレ度を上げるには、ゴールドやシルバーのメタルアクセサリーをプラスしてみて。こちらのコーデは、存在感のあるゴールドのバングルがコーデをリュクスに格上げしてくれています。

Photo by WEAR

アクセサリーの代わりにチェーンショルダーをプラスするのもおすすめ。

ゴールドなら女っぽく、シルバーならスタイリッシュなムードが高まります。

 

甘めピンクを上品に着る

Photo by ZOZOTOWN(BEAMS WOMEN)

スイートなピンクとの組み合わせも可愛い! 大人はネイビー多めのバランスで、甘さ控えめがちょうどいい感じ。

基本的に大人っぽくて落ち着いた印象が強いネイビーコーデですが、たまには可愛さをプラスしてみると新鮮に感じられそうです。

 

冬のマリン×ファー小物

Photo by WEAR

ボーダートップスやダッフルコートを使った冬のマリンスタイルは、メリハリの効いた「ネイビー×白」の組み合わせが凛とした雰囲気。

寒々しくならないようにあったかファー小物をプラスすると、今季らしさがアップ!

 

インディゴブルーのデニムonデニム

Photo by WEAR

ネイビーの服というと、インディゴブルーのデニムも思い浮かびますよね。

カジュアルな印象の強いデニムonデニムですが、色落ちしていないインディゴデニムなら上品で新鮮な印象に。合わせる小物はきちんと感のあるデザインをチョイスして。

 

赤小物を効かせる

Photo by ZOZOTOWN(ROPE’ PICNIC)

ネイビーに少しの赤を加えると、グッと女っぽい雰囲気に。靴やミニショルダーなどで、1箇所だけちょっと効かせるくらいで効果は抜群。

赤小物を持っていなければ、リップやネイルで赤を取り入れるのもお手軽なのでおすすめです。

 

定番のネイビーだからこそ、いつも新鮮な着こなしを楽しみたいもの。周りと差がつくおしゃれなネイビーコーデで、今のうちに冬ファッションを満喫しておきましょう!

記事内の画像は全て、株式会社スタートトゥデイの許諾を得たものです。(トップ画像:WEAR)

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ