ファッション

2016.12.29 UP

冬は白で着映える!今っぽい「ホワイトコーデ」のポイントは?


同じ色でも季節が変わると、その印象は変わるもの。ダークカラーファッションが多い冬は、白の存在感が際立ちます。

クリーンな・華やかな・あたたかい・モードな白。合わせ方によっていろいろな表情を見せてくれる、冬のホワイトコーデの今季らしい着こなしをご紹介します。

 

やわらかな白×キャメルコンビ

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

キャメルと白のコンビは、マイルドなカフェオレのような温もりを感じる組み合わせ。

やわらかな白を着たいときにおすすめです。

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

ベージュやブラウン系をグラデーション使いすると、奥行きのあるスタイルに。

白は青みがかった白よりも、オフホワイトのほうがしっくり馴染みますよ。

 

クールでやさしい白×ライトグレー

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

定番色のライトグレーとのコンビは、安心感のある組み合わせ。

こちらもやさしい印象ですが、ベージュやブラウン系よりも都会的でクールな雰囲気がプラスされます。

 

定番モノトーンはちょっぴりモードに

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

定番モノトーンは無難にまとまりすぎないように、ちょっぴりモードなアイテムをチョイス。

こちらは、ワイドなキャミソールサロペットが今っぽい雰囲気。

 

洗練度の高いデニムコーデ

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

超定番のデニムコーデは、エッジを効かせてカジュアルになりすぎないようにまとめると、グンとおしゃれな雰囲気に。

こちらのようなミニマムで洗練されたデザインの白アイテムと、モードな小物で大人っぽくまとめてみてはいかがでしょう?

 

いろいろな白をミックスする

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

オールホワイトコーデは色味や素材感などの違ういろいろな白をミックスすると、立体感がアップ。

ただし白は膨張色ではあるので、キリッとに辛口テイストでまとめるが◎。

 

コットン素材でシャープに魅せる

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

冬はニットやウール素材などあたたかみのある白が多くなりますよね。その中にカリッとしたコットン素材の白を混ぜると、新鮮な印象に。

こちらはやわらかいオフホワイトの中に、シャツの衿と裾のクリーンな白が効いています。

Photo by WEAR

春夏の定番ホワイトデニムは、冬だって活躍させちゃいましょう。

素材感と色味の違いが、コーデをおしゃれにブラッシュアップ!

 

差し色&柄で簡単おしゃれに

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

ストンとしたロングワンピースのようなアイテムは立体感を作るのが難しいので、小物の力を借りましょう。

色or柄でアクセントをつけてあげると、簡単に印象を変えられますよ。

 

バッグで白を差し色に

Photo by ZOZOTOWN(Another Edition)

白のバッグを差し色として使うのも効果的。レザーの白はミニマムでクリーンな雰囲気。

Photo by ZOZOTOWN(FREE’S MART)

ニットの白はぬくもりがたっぷり。

Photo by ZOZOTOWN(LOWRYS FARM)

ファーの白は華やかでトレンディーに。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

キャンバス素材の白は、カジュアルに。同じ白でも素材を変えることで、さまざまなエッセンスをプラスすることができます。

 

いろいろな表情を持った白を効果的に使って、この冬らしいホワイトコーデを楽しんでみてくださいね!

(トップ画像:ZOZOTOWN(Spick & Span)

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ