ファッション

2016.12.14 UP

なぜかオシャレな人は「黒」の使い方が上手い!まわりと差がつくブラックコーデ

LINEで送る
Share on Facebook

オシャレな人に共通するのが、「黒の使い方が上手い!」ということ。カラフルな色や柄で飾り立てない「黒」だからこそ、センスの良し悪しが現れてしまうもの。

センスのいいブラックファッションを楽しむために、地味で無難にならない「黒」の取り入れ方のアイディアをご紹介します。

 

「黒」だからこそ、冒険しよう!

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

安心感のある黒だからこそ、 色以外の面で気軽に冒険することができます。ヒトクセありの黒アイテムを持っていると、やりすぎないのにオシャレなスタイルを簡単に作れます。

まずは、今季らしい黒アイテムを手に入れてみてはいかがでしょう?

 

大胆なフォルムの黒ニット

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)

着まわし力の高い黒ニットは、ちょっと大胆にフォルムで遊んじゃいましょう。

袖口に向かってなめらかに広がるベルスリーブは、エレガントでドラマティックなアイテム。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

ヘルシーな色気が香るオフショルダーニットは、肌とのコントラストが強い黒なら、大人の魅力が倍増しちゃいます。

 

色っぽい黒の素材

Photo by ZOZOTOWN(ADAM ET ROPE’)

女らしい素材の黒を選べば、グッとシックで色っぽい雰囲気に。

艶やかな光沢感が大人っぽいサテン素材は、ゆったりとしたブラウスでエレガントに。

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

クラシカルなムードが漂うベロア素材は黒を選べば、強くて優雅な印象。

アイテムはキャミソールやサロペット、イージーなワイドパンツなんかが、今っぽくておすすめです。

Photo by ZOZOTOWN(Ungrid)

黒の「レースやソフトチュールのロングスカート×長めニット」のレイヤードスタイルは、今季おすすめの組み合わせ。

ふんわり温かみのあるニットと透け感のあるレースとのコントラストが、センシュアルな雰囲気。

 

トレンド感たっぷりの黒小物

Photo by ZOZOTOWN(WHO’S WHO gallery)

存在感のあるトレンド小物も、まずは黒をチェック。

レザー素材の太幅サッシュベルトはワイドパンツやワンピース、ニットなどの上からキュッと巻くだけで、瞬時に今季らしいオシャレ上級者に見えちゃいます。

Photo by ZOZOTOWN(LEPSIM)

大人にはちょっと難しそうなベレー帽は、黒を選べば簡単に取り入れることができます。

フェミニンな丸いフォルムが特徴的なので、ハンサムだったりカジュアルなファッションと合わせるのが、大人にはちょうどいい感じ。

 

旬デザインの黒レザーバッグ

Photo by ZOZOTOWN(SHIPS for women/MARCO BIANCHINI)

定番の黒レザーバッグは、旬の形にチャレンジ!

人気のバケツ型バッグは、定番コーデを瞬時に今季らしくアップデートしてくれます。

Photo by ZOZOTOWN(green label relaxing/MARCO BIANCHINI)

クラシカルなワンハンドルバッグも、注目のデザイン。

トレンドでありながらずっと使える普遍性も併せ持ったアイテムです。

 

チャーミングな黒靴

Photo by ZOZOTOWN(Odette e Odile)

黒の革靴は真面目な印象ですが、エナメル素材ならグッとチャーミングな雰囲気に。

メンズライクなヒモ靴もツヤツヤの光沢でキャッチーに。

Photo by ZOZOTOWN(BLISS POINT)

再注目されているバレエシューズも、キュートなエナメルがおすすめ。

辛口ファッション好きは定番のラウンドトゥよりも、シャープなポインテッドトゥを選べばしっくりきますよ。

 

黒は、新しいデザインや素材、フォルムをすんなり受け入れてくれる色。ヒトクセありの黒アイテムがあれば、まわりと差がつくブラックファッションも簡単に作れちゃいます。

地味で平凡な黒はもう卒業して、センスのいい黒をまといましょう!

(トップ画像:ZOZOTOWN(reca)

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ