ファッション

2016.09.29 UP

簡単オシャレ見え!旬なビビッドカラーを使った秋冬コーデ術

LINEで送る
Share on Facebook


秋冬にしては珍しく、ビビッドなカラーで溢れていた今季のコレクション。特に黒やグレーなどのベーシックカラーをメインとしたコーデのアクセントとして赤や青、黄色などのビビッドカラーアイテムを取り入れるスタイルが目立ちました。

ダークトーンに偏りがちな秋冬スタイルをぱっと明るくし、ポップアートのようなおしゃれ感をプラスしてくれるビビッドカラーアイテム。今回は、そんなビビッドカラーアイテムを上手に使った秋冬コーディネート術をご紹介します!

 

まずは難易度の低い小物からトライ

Photo by ZARA

インパクトの強いビビッドカラーアイテムですが、あまり着慣れていない方は面積の小さい小物からトライしてみるのがおすすめ。

写真はブラックの上下にカーキのジャケットとシックなコーディネートに、目を引くブライトオレンジのサンダルを合わせたスタイル。カーキとオレンジは相性がよく、秋らしさたっぷりのカラーコンビネーションです。

Photo by Pinterest

今季、特に注目されているカラーが強さと女性らしさを兼ね備えた鮮やかなレッド。おすすめは写真のようなスカーフやバッグなど、小物のワンポイント使いです。

シックなダークカラーによく映える赤は小物でも充分な存在感。ピンポイントでさりげなく取り入れることで、大人っぽく仕上げることができますよ。

より柔らかい雰囲気にしたい場合は、キャメルやベージュなどを使ったブラウンベースのコーディネートに取り入れるのが◎。

 

トップスorボトムスに取り入れてコーデ全体を明るく演出

Photo by ZARA

コーデ全体を明るく演出したいときには、トップスかボトムスのどちらかにビビッドカラーアイテムを。特にセーターなどのニットアイテムには多くのビビッドカラーアイテムが登場しています。

着こなすのが難しそうなイメージのあるイエローも、写真のようなモヘアニットなら柔らかく、フェミンな雰囲気に。

トップスにビビッドカラーを着る際は、ダークカラーやニュートラルカラーなど落ち着いたカラーのボトムスを選ぶとうまくまとまりますよ。今季トレンドのベルベットなど、冬らしく上品なマテリアルのものが大人っぽくておすすめです。

Photo by Pinterest

流行のボンバージャケットにホワイトTシャツ、鮮やかなブルーのミニスカートでスポーティーに。

一つ一つはシンプルなアイテムですが、しっかりとトレンドを押さえたコーディネートで今っぽさ抜群。スポーティーなスタイルはこの秋冬も引き続きトレンドです!

 

ビビッドカラーアウターでグッと上級者っぽく

Photo by MANGO

ビビッドカラーのアウターは着慣れていない人には勇気がいりますが、実は簡単に上級者スタイルが作れるおすすめアイテム。

ポイントはインナーをブラックやホワイト、グレーなどのニュートラルカラーにすること。ニュートラルカラーとビビッドカラーのコントラストが最高にモードな雰囲気を演出してくれます。

グレーベースのチェック柄セットアップはともすれば地味な印象になりがちですが、意外性のあるセルリアンブルーのコートと赤みがかったキャメルカラーのアンクルブーツで明るさと華やかさをプラス。70sのようなポップなテイストが魅力的なスタイルです。

Photo by Pinterest

こちらもキャメルとレッドのカラーリングがレトロなダウンジャケット。今季の大注目アイテムであるダウンジャケットも、ビビッドカラーを取り入れればトレンド感がさらにアップします。

ダウンジャケットは脚長効果たっぷりのショート丈が断然おすすめ! フレアパンツに合わせて大人っぽく着こなして。

 

なんとなく難しいイメージが持たれがちなビビッドカラーのアイテムですが、実は落ち着いたカラーと組み合わせることで簡単にファッショナブルに見せてくれる優れもの。

カラフルなアイテムがたくさん登場している今季、ビビッドカラーを取り入れた秋冬コーデに挑戦してみてはいかがですか?

Jaden

Jaden

スウェーデン在住ファッション・カルチャーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ