ファッション

2016.08.14 UP

主役級マスト買いっ!秋まで長〜く着られる「刺繍ブラウス」の失敗しない大人コーデ術

LINEで送る
Share on Facebook

夏セールも佳境に入り、店頭には秋物も少しずつ出始めたころ。これから服を買うなら、今すぐ着られて秋も活躍してくれるアイテムが欲しいですよね。

そこで今回おすすめしたいのが、ボヘミアンムードが漂う刺繍ブラウスです。コーデの主役になれるアイテムなので、普段はシンプルコーデが多い人もスタイリングのカンフル剤として取り入れてみてはいかがでしょう?

大人にピッタリのボヘミアンブラウスの選び方とおすすめコーデをご紹介します。

 

大人が着やすいボヘミアンブラウスは?

Photo by ZOZOTOWN(Plage)

今季のトレンドの「ボヘミアンスタイル」とは、チェコスロバキアのボヘミア地方に由来し、民族衣装やジプシーのファッション要素を取り入れたスタイルのこと。凝った刺繍ディテールやリラックス感のあるフォルムのアイテムが多く見られます。

今回注目した刺繍入りのボヘミアンブラウスはその代表的なアイテム。薄手でゆったりとした形なので五分袖〜長袖を選べば、今から秋まで活躍してくれます。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

大人女性には、控えめにボヘミアンテイストが入ったもののほうが着やすいと思います。

全体に派手な刺繍が入ったものよりも、胸部分にさりげなく入ったもの

衿ぐりは詰まったものよりも、広めにあいていて抜け感がだせるもの

色は白や黒といった都会的にも着られる定番色

 

これらのポイントを押さえておけば、大人らしいボヘミアンスタイルを手軽に楽しめますよ。

 

おすすめコーデその1:デニムと相性抜群

Photo by ZOZOTOWN(Plage)

ボヘミアンブラウスは、とりあえずデニムと合わせれば間違いありません!

ゆったりとしたフォルムなので、細身のデニムと合わせたメリハリコーデは、着やせ効果も抜群です。

Photo by ZOZOTOWN(Ungrid)

足元は夏はサボやスリッパサンダルなどを、秋はショートブーツやブーティを合わせても素敵です。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

今季らしいハイウエストのワイドデニムとの組み合わせなら、よりボヘミアンムードが高まります。

 

おすすめコーデその2:ワイドパンツで今っぽく

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

先ほどもご紹介したように、ボヘミアンテイストが控えめなブラウスならデニム以外のパンツにも合わせやすいので便利です。

Photo by ZOZOTOWN(Plage)

夏も秋もフルレングスのワイドパンツはトレンドなので、フル活用しちゃいましょう。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

落ち感素材のワイドパンツとパンプスで上品にまとめてもOKです。

 

おすすめコーデその3:スカートはマキシ丈が好バランス

Photo by ZOZOTOWN(AMERICAN RAG CIE/navasana)

スカートなら、マキシ丈がバランスよく着こなしやすいのでおすすめです。

トップスをスカートにタックインして、スタイルアップを狙いましょう。

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

ミディ丈〜マキシ丈のプリーツスカートは夏に引き続き、秋冬も注目アイテムです。

 

おすすめコーデその4:夏フェスはボヘミアンムード高めに

Photo by ZOZOTOWN(SHIPS for women/Khaju)

ボヘミアンコーデは夏の野外フェスの定番スタイルですよね。フェスでは普段よりもボヘミアンムード高めのスタイルがピッタリ!

ハイウエストのワイドデニムにスエードのフリンジ小物やエスニックなアクセサリーをトッピングすれば、テンションも上がりそうです。

Photo by Pinterest

普段より露出度高めのファッションもフェスならアリ! ショートパンツで真夏らしく着こなすのもかわいいですよね。

 

夏も秋も旬ムードたっぷりのボヘミアンブラウスを、コーデの主役にいかがですか?

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ