ファッション

2016.07.26 UP

【二の腕ほっそり!】確実に細見えするノースリーブの選び方

LINEで送る
Share on Facebook

ノースリーブを着たいけど、二の腕が気になる! という女性は多いですよね。実は、気になるからといって隠してしまうよりも、潔く出してしまったほうがすっきり見えることもあります。

ノースリーブは半袖よりも大人っぽく着られたり、トレンドのワイドボトムスとも相性抜群なので大人の女性にはぜひチャレンジしていただきたいアイテム。

でも、やっぱり二の腕が……という人のために、確実に細見えするノースリーブの選び方をご紹介したいと思います。

 

袖口が腕の付け根まであるものを選ぶ

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

ノースリーブを選ぶ際にまず重要なポイントは、肩幅です。大人のノースリーブは、袖口が腕の付け根にかかるくらいの肩幅広めのタイプが◎です。

タンクトップのような肩幅が狭いタイプよりも二の腕が気にならずに、大人っぽい雰囲気で着こなせます。

Photo by ZOZOTOWN(AZUL by moussy)

身頃のサイズ感はデザインや素材にもよりますが、タイトなものよりもほどよいゆとりがあるほうが身体の肉感を拾わないので着痩せには最適です。落ち感素材なら、ゆったりシルエットも女性らしい雰囲気で着こなせます。

腕を露出する分、首元は詰まり気味のクルーネックやシャープなVネックを選べば、大人らしい上品な仕上がりになりますよ。

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

写真のようにトップスの肩先が腕の付け根よりも少し出るくらいの長さも着やすいのでおすすめです。

このくらいの長さの場合はハリ感のある素材だと上半身がガッシリ見えてしまうので、落ち感のある素材を選びましょう。

 

ちょっとだけ袖付きなら安心

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)

でもやっぱりノースリーブを着る勇気が……という人には、半袖ほど長くなく、ちょっとだけ袖が付いた形をおすすめします。

これならより安心して着られるはず!

Photo by ZOZOTOWN(IENA)

ストライプ柄なら、縦のラインのおかげでさらに細見え効果が期待できますよ。

 

後ろ肩にタックやフレアが入っているデザイン

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

肩先(特に後ろ)にタックが入ったデザインも二の腕カバーに力を発揮してくれます。

タックのドレープが二の腕をちょうどいい具合にカバーしてくれるうえに、シンプルだけどヒトクセありのデザインはテクニックいらずで、簡単におしゃれに見えます。

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

サイドにフレアが入ったデザインも、同じようにうまく二の腕を隠してくれるので優秀ですよ。

 

マント風デザイン

Photo by ZOZOTOWN(STUDIOUS)

後ろがマント風になったデザインなら、さらにガバッと二の腕を隠してくれます。

Photo by ZOZOTOWN(STUDIOUS)

二の腕だけでなく、歳を重ねるごとに気になってくる背中のお肉もすっぽりカバー

いつもよりちょっとエレガントな装いをしたいときにいかがでしょう?

 

カーディガンの肩掛け

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)

カーディガンの肩掛けは、紫外線や冷房対策にもなるので使える定番テクですよね。ボタンをとめずにさらっと肩掛けしたり、クルーネックなら第一ボタンだけとめたり、プロデューサー風に袖を結んだりと、いろいろアレンジして楽しめます。

カジュアルにいきたいときには、カーディガンの代わりにシャツをプラスしてみてください。

 

細く見せるには、気になる部分を上手にカバーしながらも、出すところは出す! というメリハリが大切です。細見えノースリーブでこの夏を涼しくおしゃれに乗り切りましょう!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ