ファッション

2016.06.25 UP

永遠の勝負服!「LBD」のエレガントな着こなし方とは?

LINEで送る
Share on Facebook


だんだん「着たい物」と「自分に似合う物」の違いがはっきりしてくるとともに、ただトレンドを追うだけでは物足りなくなってくる30代のファッション。「一生モノ」や「オーセンティック」といったキーワードに敏感になり、一過性の流行よりもタイムレスなスタイルを追求し始める年齢でもありますよね。

そこでまず押さえておきたいのが、ベーシックなドレスアップアイテム「リトル・ブラック・ドレス(LBD)」の着こなし方。装飾の少ない、シンプルな黒いドレスであるLBDは、すべての女性の美しさを引き立てるドレスとして、世代を超えて愛されるアイコニックな存在です。

カジュアルシーンはもちろん、結婚式やビジネスパーティーなどのフォーマルシーンでも幅広く活躍してくれるLBDですが、そのシンプルさゆえ一歩間違えるとかなり地味な印象になってしまうことも……。実は上手に着こなすのが難しいアイテムでもあるのです。

そこで今回は、シンプルなLBDで大人の女性らしくエレガントにドレスアップする秘訣をご紹介したいと思います。

 

女性の究極の勝負服「リトル・ブラック・ドレス」

3788a47ac4ebf0e6eba70db1824f33b3

Photo by Pinterest

まずはLBDの歴史について少しご紹介。ファッションの歴史においても重要な存在であるこのアイテムを生み出したのは、永遠のエレガンスの象徴である「CHANEL(シャネル)」でした。

1926年、ガブリエル・ボヌール・シャネルがそれまで喪服とされていた黒一色のドレスをモードなファッションアイテムとして発表したところ、世の女性達に受け入れられ大ヒット!

シャネルのドレスをオリジナルとして、丈が短く(当時は膝下丈ほど)コンパクトなシルエットのシンプルなブラックドレスを総称した「リトル・ブラック・ドレス」とうジャンルが誕生します。
7edabe79ba2ecb91ffc42ed084f8468c

Photo by Pinterest

さらに1961年の映画『ティファニーで朝食を』で、オードリー・ヘプバーンが披露した最高にファッショナブルなLBDスタイルが世界中の女性の心を掴み、レディースファッションにおけるその地位を不動のものとしました。

それ以降、特に欧米では女性ならば必ず一枚はワードローブに備えておきたいアイテムとして愛され続けているLBD。そんなLBDを使ったドレスアップのコツとは? 今回は、ドレスアップ時のポイントを3つご紹介します。

 

「レッドカラーのリップ」で思い切りエレガントに

eec7ecc4ce93f3861ca261292e67a690

Photo by Pinterest

「ブラック×レッド」は、女性をエレガントに演出する究極のカラーリング。普段は少し躊躇してしまうような大胆な組み合わせも、ここぞというドレスアップシーンでは思い切り楽しむのが正解です。

とはいえレッドの比重が大きすぎると下品な印象になってしまう危険性もあるので、大人の女性はリップカラーなどのポイント使いで取り入れるくらいのバランスが◎。

写真はドレスをはじめバッグやシューズなどの小物までも黒で統一しつつ、鮮やかなレッドのリップと「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」のレッド・ソールを同色のアクセントにした小粋なスタイル。

華やかな場でのオールブラックコーデは基本的にはおすすめできませんが、こういった巧みな差し色使いや、手首に光るボリューミーなジュエリーをゴージャスなアクセントにすることで、派手にならない絶妙なバランスのパーティーコーデに仕上がっています。
11d302f81674b54c2c53400817d4e4b0

Photo by Pinterest

鮮やかなレッドはエレガントでクラシックな印象ですが、明るい色味に抵抗がある方はシックなダークカラーを選ぶ手も。

特に夜のパーティーなどでは、こういったダークカラーのリップ×LBDで大人ならではのドレスアップスタイルを楽しみたいところ。リップカラーだけで充分華やかな印象になるため、アイメイクは色を抑えて。

 

足元にはレディな「ポインテッドトゥパンプス」を

2895124b81d3ce195743d385dbc40285

Photo by Pinterest

大人の女性のドレスアップにはポインテッドトゥパンプスが必要不可欠! 特にミニマルなLBDでドレスアップする際は、辛口なポインテッドトゥパンプスを合わせてビシっとキメたいところです。

シースルー素材&スリットデザインがハンサムな色気を演出するドレスに合わせるのも、ポインテッドトゥパンプス一択。ドレスのセクシーさを損なわず、カッチリとした雰囲気に仕上げることができます。

潔い程の完璧なノーアクセサリーにも関わらず、レディなポインテッドトゥパンプスと多めに露出した肌、艶感のあるゴージャスなレッドリップで見事なパーティースタイルが完成。
3f04bcd72df35cce8e87f7c876020d83

Photo by Pinterest

写真のフレアスカートタイプなど、ガーリーなデザインのドレスにはラウンドトゥパンプスを合わせがちですが、そういった組み合わせは30代以上の女性にしては少し可愛らしすぎる印象に。

ポインテッドトゥでピリッとしたアクセントを加えることで、幼さのない大人のガーリースタイルに仕上げることができます。

クールなメタリックカラーのパンプスをチョイスすることでドレスのガーリーさをさらに中和し、コーディネートをグレードアップしている点にも注目。露出控えめなデザインのドレスを着るときには、目を引くカラーの小物で華をプラスするのもポイントです。

 

全身まっ黒化を防ぐには「ヌーディーカラーの小物」が使える!

3a77513e6c2fdef2f82f178df232ebac

Photo by Pinterest

フォーマルシーンで便利な色、ブラック。ものすごく使える色だからこそ、気が付けばドレスから小物まで全身まっ黒! なんてことも起こりがち。ドレスのデザインにもよりますが、パーティーの場に全身黒というのはやはり華やかさに欠けるのも事実です。

そこで使えるのが肌の色に近いヌーディーカラーのアイテム。ヌーディーカラーはどんなコーディネートにもよく馴染み、落ち着いた華やかさを添えてくれる優秀カラー。シューズなどの小物に取り入れることで、ドレスアップスタイルを上品に引き立ててくれます。
79d86c8c532c6a7bcf0ed86aef46c078

Photo by Pinterest

スタッズなどの冒険的なデザインも、ヌーディーカラーなら上品な印象になるから不思議。

写真のようにバッグとシューズのカラーを合わせることで、統一感のあるスタイルに仕上げることができます。

 

洗練されたドレスアップスタイルを叶えてくれるリトル・ブラック・ドレス。長い間、世界中の女性達に愛され続けてきたのも納得ですよね。

今回ご紹介した着こなしポイントを参考に、シンプル・エレガントな大人のLBDスタイルを楽しんでみてください!

Jaden

Jaden

スウェーデン在住ファッション・カルチャーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ