ファッション

2016.04.15 UP

定番デニムから最新スカンツまで!細見えするホワイトパンツとは?

LINEで送る
Share on Facebook

ホワイトパンツ

 

暖かくなるとはきたくなるのが、爽やかなホワイトパンツ! 面積の大きいパンツで白を取り入れると、春らしい明るく軽やかなスタイルが作れます。その一方で、白は膨張色でもあるのでちょっと間違えると太って見えてしまうので注意が必要です。

ホワイトパンツをスタイルよく着こなすために定番デニムから最新のスカンツまで、細見えと今っぽさを叶えてくれるホワイトパンツの選び方をチェックしちゃいましょう!

 

定番ホワイトデニムはピッタリしすぎはNG!

11140605_b_22_500

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

定番のホワイトデニムは、ほどよいゆとりのあるテーパードシルエットが美脚に見えます。

ピタピタのスリムシルエットの場合、インディゴやブラックデニムのような引き締めカラーだと細見えしますが、膨張色の白だと逆に脚が太く見えてしまいます。

 

10881989_B_01_500

Photo by ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

脚の細さに自信がある人以外は、適度なゆとりは必須。暖かくなってきたので、冬の間は我慢していた足首見せで抜け感を出してあげましょう。

 

7550150_1_D_500

Photo by ZOZOTOWN(DRESSTERIOR)

また、ダメージ加工のデニムはホワイトパンツなら上品な雰囲気を残してはけるので、ブルーデニムで挑戦できなかった人は選んでみてもいいかも!

 

ゆったりパンツは、9分丈でスタイルアップ!

11024826_b_02_500

Photo by ZOZOTOWN(STUDIOUS)

エフォートレスなムードが漂う今季は、ゆったりシルエットのパンツも気になります。

スッキリ脚長に見せるためには9分丈がベスト! ボリュームのあるホワイトパンツはぼんやりとした印象になりやすいですが、足首を見せることでのっぺり見えずにキレのあるスタイルが作れます。

 

10621754_b_18_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

足元はライトグレーやベージュなどのパンプスで自然につないで縦長ラインを強調すると、さらに脚長効果がアップ!

 

スカート感覚ではきやすい!ガウチョ&スカンツ

11531071B_b_02_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

ガウチョパンツや一見スカートのようなスカンツなど、今季はボリュームたっぷりのパンツが続々と登場しています。

初挑戦の方も多いと思いますが、ミディ丈スカート感覚ではけるので大人でも取り入れやすいはず。

 

11764124B_b_01_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

「白×フレアシルエット」はふんわり甘くなりがちなので、足元はダークカラーの靴で引き締めるorニュアンスカラーの場合はポインテッドトゥでエッジを効かせるというふうに、辛口要素を少しプラスしてあげるとバランスよくまとまります。

 

ホワイトパンツは選び方や靴の合わせ方に注意することで、スタイルよく見せることができます。春夏らしいホワイトパンツで、細見えも今っぽさも両方手に入れちゃいましょう!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ