ファッション

2016.04.08 UP

春はシャツさえあればOK!オンもオフも大活躍の万能トレンドシャツ

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000059951802_Small

春に着たい服といえば、やっぱりシャツ! シャツはわたしたちが欲しい今どきのこなれ感も知的さも色っぽさだって、すべて兼ね備えた超優秀アイテムです。

そんな着るだけで簡単におしゃれに見える、今季のシャツトレンドをご紹介します。

 

オーバーサイズが今季らしい

11926419B_b_10_500

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

肩が落ちたオーバーサイズのシャツをゆるっと着る。

ほどよく力の抜けた大人の色気が漂うシャツスタイルは、今季らしい印象です。

 

10668432_b_03_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

前は第二ボタンまで開けて衿は後ろに抜く

袖口をラフにまくる

シャツの裾は前だけタックイン

この3つの着こなしポイントを押さえておけば、こなれ感たっぷりのスタイルが作れます。

 

ハリ感素材で立体感のある着こなしを

11651426B_b_09_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

ベーシックなシャツでまず押さえておきたいのが、ハリ感のあるコットンシャツ。

具体的には目の詰まったブロードやタイプライターなど、立体的なシルエットを作れるハリ感素材を選べば、ベーシックなシャツ一枚でも簡単に今っぽい空気感のあるスタイルが作れます。

 

10915796B_b_01_500

Photo by ZOZOTOWN(GALLARDAGALANTE)

ちょっとひとひねり加えたデザインなら、スキッパーデザインがおすすめ。

最初から衿ぐりがちょうどいいV字あきになっているので、衿を抜いて着ても美しく着こなせます。

 

10485514_b_18_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

ボタンの留め方を変えることでカシュクール風にもアレンジできる2WAYや3WAYデザインも、着こなしに変化を付けられるので楽しそうです。

 

とろみ素材で女らしく

11865381B_b_19_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

反対に落ち感のあるレーヨンやテンセル、キュプラ、ポリエステル素材などのとろみシャツも押さえておきたいアイテムです。

コットン素材とはまた違った、エアリーでニュアンス感のある着こなしが女らしい印象に。

 

11865381B_16_D_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

ピンクやベージュなど春らしいやさしい色味も素敵ですが、あえてネイビーやブラックでシックに着こなすのもエレガントで大人っぽくておすすめです。

 

Vネックシャツで洗練された印象に

10668432_b_01_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

シュッとした鋭角の前あきが洗練された印象のVネックシャツは、その潔さがグッと色っぽく感じます。

 

10668432B_14_D_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

衿を後ろに抜いて着たときにもバランスよく見えるように、衿ぐりが後ろはスタンドカラーっぽく、前はV字あきになっているデザインも今季は多く登場しています。

 

11667388B_b_14_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

これらのシャツは合わせるボトムを選ばないのも、万能アイテムである理由。

細身のパンツに合わせる場合はシャツの裾を前だけタックイン、ミディ丈フレアスカートのようなボリュームのあるボトムには、裾は全部入れてトップをコンパクトにまとめるとバランスよく着こなせます。

 

これ一枚にたくさんの魅力が詰まったトレンドシャツは、この春絶対に手に入れたいアイテムです!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ