ファッション

2016.02.29 UP

その選び方、間違っていますよ!デニム選びで注意すべきポイント

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000073146345_Large

豊富な形や色に加工デザインと、定番にして奥の深いデニム。だからこそ「コレだ!」という一本に出会うのって、運命の男性と巡り会う並みに難しいものですね。

試着した時は良いと思って購入したのに穿いてるうちに伸びて生地にたるみが出たり、腰回りに合わせたら太ももがハチ切れそうになっていたり、ショーウィンドウに映る自分を見て「こんなに短足に見えてるの!?」とショックを受けたという経験はないですか? そのうち、そのデニムはクローゼットで心地良く眠っていたりして。

そこで今年こそヘビロテ必至の本命デニムに出会えるよう、デニム選びで注意すべきポイントをピックアップします!

 

未来を見越してサイズを選ぶ

iStock_000023629098_Medium

デニムは各ブランドで表記がまちまちなので、自分のサイズはこれだと思っても実際に穿いてみると合わないことが少なくないと思います。前もって自分のサイズを測っておくと、ネットで購入する際にもひとつの基準になりますよね。

ウエスト・ヒップ・股上・股下の4か所をチェックし、最初の試着にどれを選ぶか悩むようならチェックしたサイズをもとに店員に相談すると良いでしょう。

デニムはレザーと同じように、穿くごとに形が変わっていきます。洗うと縮みやすいリジッドデニムは少し緩めのものを、加工されたタイプやストレッチタイプは伸びやすいので少しきつめのものを選ぶと良いかもしれませんね。

 

丈に関してもハイヒールと合わせて脚長効果を期待するなら裾をやや長めにとったり、逆にスニーカーで足首を見せてカジュアルに穿きたいのであればロールアップ分の長さを残すかクロップド丈にするなど、今後どういうスタイリングにするかを見越して裾上げするようにしましょう。

ただテーパードやブーツカットなどはシルエットにもよりますが、あまりにも膝位置がずれているものは選びなおしです。

またオンス(oz)が高いリジッドは、色落ちによりかなり表情が変わってきます。経年変化を楽しみたい人にはおすすめですが、現状のデザインで穿き続けたいという人はレギュラーオンスのものを選びましょう。

 

意外に見落としがちなヒップラインに注意

5a061015aad3e33c21ef25ce183745a6

Photo by Pinterest

デニムを購入する際に、フロントだけでなくヒップもチェックしていますか? 周囲の人は想像以上にアナタのヒップを見ています

まずはポケットを利用してサイズが合っているかどうかを確かめましょう。(ここでは、クラシカルな5ポケットジーンズを対象としています)

ヒップポケットの大きさ

手を開いた状態と同じくらいの大きさを目安にしましょう。多少の大小の差はOK。

小すぎるとヒップが大きく見え、逆に大きすぎるとフラットに見えて女性らしい丸みがなくなってしまいます。

ポケットの位置

ヒップの左右それぞれにサークルを描き、ポケットがサークルの中心におさまるのが理想。丸みのあるヒップラインを感じさせます。

さらに太もも下部分に生地のたるみがないものがベター! 逆に次のようなポケットはNGです。

●ポケットがヒップの中心部より上にある

・・・ヒップが垂れてだらしなく見え、足が短く見える原因になります。

●ポケットが両サイドに離れている

・・・ポケット同士の間隔が離れすぎていると面積が多いという錯覚が起きるため、ヒップの大きさが強調されてしまいます。腰幅が気になる人は特に気をつけましょう!

●ポケットがおしりの下の方にある

・・・サルエルタイプはともかく、一般的なデニムではヒップがどこにあるか分かりづらいシルエットになり、女性らしさが欠けてしまいます。

 

あなたはどの体型タイプに当てはまる?

体型のデメリットを解消しながら美しいラインに導いてくれるシルエットが存在します。同じサイズでも形を変えると満足のいくものに出会えたりするもの。自分がどの体型に近いかどのデニムが合うかチェックしてみて!

4122225552112_091_b

Photo by ANTHROPOLOGIE

下半身が大きい体型

ヒップ周りの大きさが気になる人は、細身のミッドライズブーツカットでヒップのメリハリを抑えると綺麗なラインを出せます。

ハイウエストは避けたほうが無難! 足が短く見えてしまうかも……。

お腹周りが出ている体型

肝心なのはウエストを作ること。足にフィットしやすいストレートデニムを選びましょう。足をストレートに細く見せることで、ウエストも視覚的に細く見える効果が期待できます。

暗めの色を選ぶと、より効果アップ。ウエストを隠したいからとハイウエストタイプを選ぶのはNGですよ!

 

7438a654e8a62f445c4f02b8efdcdb39

Photo by Pinterest

肩が張って腰が狭い逆三角形体型

あまり腰幅がないという人は是非、今期おすすめのワイドフレアタイプを。足元が広がっている分ボディ全体のメリハリが出ます。

ライトカラーで下半身に目線を向けてあげると、体型が気にならないはず!

 

3eb45cd2754df63d71f60bf0bfc5ea06

Photo by Nordstrom

痩せ型体型

体にフィットしたデニムを選ばないと、より華奢さが目立ってしまったりボーイッシュな印象になります。スキニータイプで足のラインを出すことで、女性らしさを強調してみては? ハイウエストのものを選ぶと、より細く長く見えます。

また、テーパードタイプなどであえてカーブを作ってあげるとヒップラインが出ます。

 

今回は体にフィットするデニムをご紹介しましたが、緩めのタイプが欲しい場合はさまざまな大きさのトップスに合わせられるボーイフレンドを選んでみて。痩せ型の人なら大きめのトップスを、ウエストが気になる人は細身のトップスなど、どんなスタイリングでもバランスが取れます。

デニム選びは正直、根気がいると思います。でも「これでも良いかな」と妥協せずに何本も試着して、鏡でまんべんなくチェックすればお気に入りの一本が絶対見つかるはず。今度こそ本命デニムで美シルエットを手に入れましょう!

SEILA
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ