ファッション

2016.01.10 UP

嘘みたいに細くみえる!ファッション専門家が明かすコーデ術

LINEで送る
Share on Facebook

Young fashion girl having fun on swing

毎年変わりゆく流行や年齢とともに、ファッションの悩みは尽きるどころか、どんどん新しく生まれてきます。

日々のファッションをもっと楽しむために、気になる悩みはサクッと解決しちゃいましょう! 今回は、こんなお悩みをいただきました。

 

「急に下腹やお尻にお肉が付き、今までの服が入りません」

贅肉3

「急に下腹やお尻にお肉が付き、今までの服が入りません。スタイルがよく見えて長く着られる服を教えてください」(やことさん・30代主婦)

 

R30世代のみなさんの中には、やことさんと同じお悩みを持っている人は多いと思います。チュニックのような長めのトップスでヒップ周りを隠すのは簡単ですが、いつも同じようなスタイルになってしまうのもつまらないですよね。

上手に体型カバーしながらおしゃれに見えるアイテムや着こなしのポイントをいろいろな角度から見ていきましょう!

 

【トップス編】フレアトップス、カシュクールシャツを採用!

9109804_b_03_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

■フレアトップス

裾広がりのフレアトップスは、さりげなくヒップ周りをカバーしてくれる上に、ウエストラインが高く見えるので脚長効果もアップ。

ボトムスはパンツやタイトスカートでスッキリ着こなせば、メリハリのあるスタイルを作れます。

ニットやハリ感のあるクルーネックブラウスが使いやすいですよ。

 

8848834_b_25_500

Photo by ZOZOTOWN(Spick & Span)

■カシュクールシャツ

ゆったりしたサイズ感のシャツは、大人っぽくてこなれた雰囲気。ボタンの留め方でカシュクール風にアレンジできるタイプがたくさん出ているので、おしゃれに体型カバーできます。

 

【ボトムス編】フレアスカートと、タックパンツを!

9088986_b_14_500

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

■フレアスカート

スカートなら、やっぱりフレアシルエットがカバー力抜群。ひざ下丈やミモレ丈を選べば、大人っぽく着こなせます。

トップスはコンパクトにまとめれば、さらにスタイルアップ!

 

9297208_B_04_500

Photo by ZOZOTOWN(UNITED ARROWS)

■タックパンツ

ウエストにタックが入ったパンツは、オンオフ問わずにたくさん使えます。

定番のテーパードパンツは、センタープレス入りやピンストライプ柄を選べば、さらにほっそり見えますよ。

 

【ワンピース編】ゆるっとニットとシャツワンピ!

9092729_10_D_500

Photo by ZOZOTOWN(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

■ゆるっとニットワンピ

肉感を拾わないミドルゲージのゆるっとニットは、気になる部分を全部隠してくれます。1枚で可愛くなれるので、冬の愛されアイテムとも言える一品。

ストールやハット、大ぶりピアスなどの小物で目線を上げれば、さらにスタイルよく着こなせます。

 

8353572_b_14_500

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe)

■シャツワンピ

着やすくてきちんと感のあるシャツワンピも、気になる部分を上手にカバーしてくれます。

冬はインナーにハイゲージのタートルネックを重ね着したスタイルがあったか可愛くておすすめです。

 

全てのアイテムに言えることですが、体型が気になるからといってすべて隠してしまうのではなく、手首やデコルテなど出せるところは出すのがスタイルよく見えるポイント

メリハリの効いたスタイリングを意識すると、スタイルアップが叶うはず!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ