ダイエット

2015.09.27 UP

乾物をヨーグルトで戻すだけ!話題の「乾物ヨーグルトダイエット」

LINEで送る
Share on Facebook

33

お肌や腸内環境を整えてくれる「ヨーグルト」。今回ピックアップするのは、乾物をヨーグルトで戻す「乾物ヨーグルト」というもの。

美容やダイエット効果も期待できることから、健康志向の人たちの間で話題になっているそうです。

「体に良くても、味はどうなのよ!?」というみなさんの疑問を解消すべく、乾物ヨーグルトを実際に作ってみました!

 

乾物ヨーグルトとは?

1

Photo by (C)sweetsholic

乾物ヨーグルトは、干し椎茸に切り干し大根、昆布にひじきなど、乾物をヨーグルトで7〜8時間ほど戻して作ります

ヨーグルトの乳酸菌と、乾物に含まれる食物繊維の相乗効果で、腸内環境の改善に役立つそうですよ。

うまみがギュッと凝縮された乾物は、栄養分の宝庫。

例えば、鉄分やカルシウムなどのミネラル豊富な「昆布」や「ひじき」は、貧血やコレステロール値の改善、お肌や骨の健康を保つ効果があります。

海藻類は身体によい上に低カロリーなため、ダイエット中の強い味方ですよね!

 

乾物ヨーグルトは美容やダイエットにいい!?

iStock_000014413882_Small

乾物はヨーグルトと一緒に食べると、腸の中で乳酸菌のえさになり、乳酸菌の働きが活発になります。腸内環境が整うことで便秘も解消され、お肌の状態もよくなることが期待できます。

また、ヨーグルトも乾物自体もカロリー控えめなので、ダイエットにも最適というわけ!

良いことづくめの「乾物ヨーグルト」。早速チャレンジしてみましょう。

 

実際に作ってみました!

2

Photo by (C)sweetsholic

今回用意したのは、「昆布」と「高野豆腐」と「干し椎茸」。

干し椎茸は菌活に欠かせない食材のひとつ。高野豆腐は絹ごし豆腐や木綿豆腐と比べると少し地味ですが、肌荒れや貧血、ダイエットにも効果的。水分をたっぷり吸収してくれるので、ボリューム感を出したいときにもぴったりの食材です。

それぞれの食材をヨーグルトと和えて、冷蔵庫で一晩寝かせます。今回は「昆布2枚、小さめの高野豆腐4つ、干し椎茸ひとつかみをヨーグルト250g」で和えてみました。

 

3

Photo by (C)sweetsholic

一晩寝かせると、水切りヨーグルトを通り越して、ねっとりした柔らかいチーズのような状態に。

 

4

Photo by (C)sweetsholic

調味料要らずでそのまま食べられるとのことですが、そのままのお味は?

 

5

Photo by (C)sweetsholic

まずは昆布。一晩戻したものの、食感が少々固いようです。味は出汁の効いたチーズ風味のヨーグルト、といったところでしょうか。

高野豆腐はヨーグルトとの味の相性がそれほどよくない模様。期待していただけに、残念……!

意外にも美味しく感じたのは、干し椎茸。クリーミーなせいか、なんとなく洋風に仕上がりました。

 

そのまま食べるのには無理がありそうな「乾物ヨーグルト」ですが、前述の「干し椎茸」はハーブと黒胡椒で味を調えてみたら、ワインに合うおつまみになりました

このようにひと工夫することで、美味しく食べられる気がします。椎茸の代わりに乾燥ポルチーニ茸を使えば、もっと美味しくできるかも!

 

乾物ヨーグルトのおいしい食べ方を提案するレシピ本『ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ』が9月中旬より発売されているので、参考にしてみるとさらにアイデアが広がりそうですね。

美容や健康にメリットいっぱいの「乾物ヨーグルト」、みなさんも日々の献立に上手に取り入れてみてはいかがでしょう?

iStock_000015156733_Small

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ