ダイエット

2016.08.03 UP

ドカ食い防止!朝食を○○にすると痩せる!? そのメニューとは

LINEで送る
Share on Facebook

ヘルシーな美ボディのためには、朝食を抜くことはNG。いくらダイエット中でも、朝はしっかり食べるのがマストですよね。

しかし、最近海外では、朝食を2回食べる「ダブルブレックファースト」なるものが話題となっています。朝、はやい時間帯に一日の活動に必要なエネルギーを摂取することで、夜のドカ食いを防止することができると言われているんです。

新しいダイエットのトレンドともなっているダブルブレックファースト。早速、詳しく見ていきましょう!

 

ドカ食い防止に?

Photo by Instagram

アメリカのイェール大学とコネチカット大学が発表した研究結果によれば、朝食を2回摂ることで、より効率的にその日に必要なエネルギーを摂取できるため、夜のドカ食いを防止できるのだとか。家と職場でそれぞれ一回ずつ朝食を摂るのがいいでしょう。

朝は、体がエネルギーを欲している、いわゆる飢餓状態。そこで朝食を抜いてしまうと、体はなるべくエネルギーを使わないようにしようとするので、代謝が悪くなります。さらに、そのあとの食事で多くのエネルギーを摂取しようとするので、ドカ食いに繋がり、余計なカロリーまでため込んでしまうんです。

ダイエットのために朝食を我慢してみたものの、あとになってお腹がすきすぎて、結局たくさん食べてしまった……という経験のある人は少なくないはず。

ちなみに、朝食を食べない人は、朝2回食べる人より倍以上も肥満率が高いのだそう!!

 

お好みのアレンジを楽しんで!

ダブルブレックファーストとは言っても、同じメニューを2回に分けて食べればいいということではありません。

いつもはスムージーだけで済ますところに、野菜がタップリ入ったオムレツやアボカドを乗せたトーストをプラスしてみる……など、バランスを考えてレシピを組み合わせることが大切です。 一日のエネルギーになってくれる、消化しやすいものを摂りましょう。

 

ブルーベリーのオーツ×プチトマトのオムレツ

Photo by Instagram

モッツァレラチーズ入り野菜サラダ×ベリーとグリークヨーグルトのシリアル

 

Photo by Instagram

野菜とフルーツ、それからエネルギー源となる炭水化物を上手くミックスさせてみましょう。朝しっかり食べることで、一日の食事量を大幅にダウンさせることが可能に。

 

忙しい朝でもすぐ作れる「ダブルブレックファースト」レシピ

思わず朝からテンションが上がってしまいそうな、おしゃれなブレックファースト。意外に作るのは簡単ですよ!

 

オートミールとフルーツのミックスボール

Aliさん(@plantbasedali_)が投稿した写真

Photo by Instagram

食物繊維や鉄分が豊富に含まれたオートミールは、脂肪になりにくい炭水化物の代表。腹持ちもいいので、朝食にぜひ取り入れたい一品です。

旬のフルーツと合わせ、その上からグリークヨーグルトをかけて食べるのがお約束。

 

作り置きできるチアシードプディング

 

Photo by Instagram

腸内環境をととのえ、便秘解消にいいチアシードは腹持ちも十分。前日の夜、豆乳や牛乳にチアシードを浸しておき、朝食べる前にお好みのフルーツを合わせるだけでOKです。

 

べジマイトとアボカドのオーストラリア流トースト

Vegemiteさん(@vegemite)が投稿した写真

Photo by Instagram

オーストラリアの家庭料理になくてはならないべジマイト。酵母エキスから作られたべジマイトにはビタミンBが大量に含まれていて、栄養価はバツグン!

私はアボカドと合わせてトーストに塗って食べています。目玉焼きをサンドしても◎

 

朝食をしっかり多めに摂ることで、その日に必要なエネルギーチャージを完了し、ドカ食いを防いでくれるダブルブレックファースト。ぜひ試してみてください!

【参考文献】『2 Breakfasts Are Better Than None, Says Study

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ