ダイエット

2016.06.30 UP

【脂肪燃焼率UP!】低カロリー&低糖質の「ダイエット丼」3つ

LINEで送る
Share on Facebook

蒸し暑い毎日が続くこの時期は、ジムやランニングなど、ダイエットのための運動はサボり気味に。

暑い中、無理やり身体を動かしてヘトヘトになるよりも、毎日の食事メニューをヘルシーなものに変えてみるのが◎。

そこで、夏のダイエットにおススメなのが、ヘルシー海鮮丼です。ブリトニー・スピアーズもダイエット中ハマっていたとされる寿司(刺身)には、実は脂肪を燃焼させる働きがあるんです。

 

酢飯は「玄米」や「キヌア」を代用!

Photo by Timmy

寿司といえば、白米に酢をまぜたものが定番ですが、ダイエット効果を上げるためには白米ではなく“完全食”と呼ばれる「玄米」を代用するのがポイントです。

玄米は、白米より栄養価が高い上に、食物繊維が豊富なため老廃物をスムーズに排出してくれます。さらに糖分の吸収を抑える働きがあるため、糖の代わりに脂肪がエネルギーとして燃やされるというメリットも!

玄米が苦手……という場合は、白米にスーパーフードの「キヌア」をブレンドするのはどうでしょう。ミランダ・カーやケイト・モスなどのモデルもスタイル維持のために摂り入れているキヌア。たんぱく質の元となる必須アミノ酸や、食物繊維が多く含まれており、糖質が少ないのが特徴です。

私も白米&キヌアがブレンドされたものを使っていますが、抵抗なく普通に美味しくご飯として食べられますよ。

 

レシピ1:サーモン&アボカド海鮮丼

Photo by Instagram

海外では定番の寿司ネタであるサーモンとアボカドの組み合わせ。

脂肪燃焼に必要なオメガ3脂肪酸をたっぷりと含んだサーモンは、ダイエットの強い味方です。

そこに脂肪燃焼を促進させ、デトックス効果も高いアボカドを加えると、夏の最強ダイエット丼のできあがり!

 

レシピ2:マグロの赤身丼

ひでしさん(@h_ideshi)が投稿した写真

Photo by Instagram

マグロの赤身部分にはタンパク質が豊富に含まれており、代謝促進につながるタウリンなどの栄養素が凝縮されています。

さらに、赤身部分はトロに比べると1/3のカロリーになるため、健康的に痩せたい女子に◎。

 

レシピ3:甘エビ丼

onkiさん(@onkick)が投稿した写真

Photo by Instagram

美肌&アンチエイジングに効果が期待できるアスタキサンチンが含まれている甘エビは、とにかくカロリーが低いのが特徴。

さらにエビの皮にはキチンと呼ばれる不溶性の食物繊維が含まれているため、お通じも良くなりますよ。

 

納豆を加えて満腹感をプラス!

 


Photo by Instagram

もう少し量にボリュームを出したいなら、上記で紹介したレシピに納豆を加えるのも◎。ビクトリア・ベッカムもかつてハマっていたとされる納豆には、脂肪の蓄積を防止し、腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

アッサリしていて低カロリーな、夏のダイエットにピッタリの丼レシピ。

低カロリーだからといって食べ過ぎるのはNGです。必ず普通サイズの丼一杯分で止めておきましょう。

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ