ダイエット

2016.05.28 UP

【なんで細いの!?】痩せてる人が無意識にやっている「ながら」ダイエット6選

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000088044949_Medium

日に日に暑くなり、体のラインを服装で隠すことが厳しくなる季節が今年もやって来ました。今年こそ運動して痩せるぞ! と、決意を新たにしている人もいるのでは?

しかし現実は厳しく、「スポーツは苦手」とか「忙しくてジムなどに行っている暇もない」などと言い訳しては、結局毎年痩せることができず夏が過ぎ、食欲の秋を迎え冬になる……という負のスパイラルに陥ってしまうなんてことも。

そんなスポーツ嫌いの人や忙しくて運動する時間がないという人にオススメの「ながら運動ダイエット」をご紹介します。

 

意志が弱くてもOK!「食べてイイ」「運動しなくてイイ」

運動_1

食事制限をするダイエットは、食欲と戦うのがとにかく大変。また、栄養が偏り体調を崩しやすいというデメリットもあります。さらに短期間で行うとリバウンドしやすいということもあり、思うように結果が出ないこともあって、続けることが難しいのです。

「ながら運動ダイエット」なら運動で健康的に、しかも日常生活のなかで行えるため、運動嫌いの人にも意志が弱い人にもオススメ。

仕事をしながら、家事をしながら行えるものばかりなので気負わず自然にでき、継続しやすいというメリットがあります。

 

日常でちょっと気を付けるだけ!ながら運動ダイエット【初級】

運動_2

1 大股早足歩き運動

駅まで歩く間も、絶好の「ながら運動」のチャンス。歩幅をしっかり大きく取り、少しずつ速足にしていきましょう。

ちなみに大股の歩幅は、普段の歩幅プラス10センチが目安です。足を踏み出すときにつま先で地面を力強く蹴り、腕はほぼ直角に曲げて前後に振ると効果的です。ただし、肩に力は入れないように。

この大股歩きを3分間行うことで、約5キロカロリーを消費することができるそうです。

 

2 階段の上り下り運動

駅の階段や会社の階段の上り下りも、ながら運動ダイエットにオススメ。背筋をのばしてお腹を引き締め、上体をやや前に傾けて、かかとは階段につけずにつま先だけで上るようにしましょう。膝をやや高く上げて、力強く素早く上るのがポイント。

下りるときは足の裏で階段をしっかり踏みしめ、片足ずつ体重をかけながらゆっくりと下りるように。1分間上り下りすることで、約7キロカロリーを消費することができると言われています。

 

iStock_000057639500_Small

3 椅子に座って上体倒し運動

こちらは、腹筋運動は続けられないという人にオススメ。

椅子に浅く座り、背中を少し丸めます。続いて、軽くあごを引き、お腹に力を入れて少しずつ上体を後ろへ倒していきます。背もたれに背中がぎりぎりつかないところまで倒したら、ゆっくりと元の姿勢に戻します。

これを10回行うと、約8キロカロリーの消費になるそうです。

 

お風呂のなかで!ながら運動ダイエット【中級】

運動_3

1 シャンプー脇腹締め運動

髪の毛を洗いながら、上体を右にゆっくりと傾けて脇腹を締めます。そのまま30秒キープ。ゆっくり元に戻したら、今度は左も同様に行います。お腹をへこませ腹筋に力を込めて行うとさらに効果的。

これを各2回ずつ行うと、約3キロカロリーの消費になるのだとか。

 

2 お湯汲み運動

湯船から、桶にお湯を汲みます。それを頭上までもち上げて、体全体にかけます。

これを10回行えば、約10キロカロリーの消費になるそう。

 

pixta_607749_S

3 お風呂ボートこぎ運動

湯船の中で腰をおろし、膝を軽く曲げます。桶を湯船に入れて、両手でしっかりと桶を持ちます。へこんだ部分が正面に向くようにして桶を立てましょう。

続いて、ボートをこぐようなイメージで力を込めて肘を曲げのばししながら、4秒かけて桶を手前に引き、4秒かけて遠くへ押します。

これを10回繰り返すと、約10キロカロリーの消費になるそうです。

 

どれも「さあ、運動するぞ!」と構えず気楽にできるものばかり。毎日続けていれば、知らず知らずのうちに習慣になってしまうこと間違いなしです。

自分にできるものから取り入れて、今年こそ負のスパイラルから脱出してみましょう!!

佐治 真澄
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ