2016.06.06 UP

豆乳で手軽にダイエット効果をだそう!

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000013822490_Medium
ダイエットに興味がある人は、すでにダイエットにはさまざまな方法があることをご存じでしょう。その中でも豆乳ダイエットは手軽にできますのでおすすめです。ただ、豆乳は飲みにくいイメージがありますのでトライしていない人もいるかもしれません。そこで、続けやすい豆乳ダイエットの方法や豆乳ダイエットの最適なタイミングなどについてご紹介しましょう。

 

ダイエットに最適!豆乳に含まれる成分と効果について

iStock_000021996153_Small
豆乳ダイエットにトライする前に、豆乳に含まれる成分と効果を理解しておくことが大切です。 豆乳にはさまざまな成分が含まれていますが、ダイエットに効く代表的な成分はサポニンとペプチドです。サポニンは過酸化脂質となり、脂肪が体内に吸収されることを抑える抗酸化作用があります。また、血行促進効果も見られます。ペプチドには、基礎代謝をアップさせて脂肪を燃やしやすくする効果があります。この二つの効果により、ダイエットが実現できるのです。 その他にも、女性ホルモンであるエストロゲンに似て肌の保湿力と新陳代謝を高めてくれるイソフラボンや、便通が良くなる効果があるオリゴ糖も成分として含まれています。

 

豆乳ダイエットはどのようにやればいいの?

iStock_000033067192_Small
では豆乳ダイエットの基本的なやり方や、豆乳が苦手な人がダイエットを継続するためのアイデアについて確認してみましょう。豆乳ダイエットのやり方は簡単で、豆乳を飲むだけでできます。食事制限も要りませんし、強制的に運動する必要もありません。一般的には、朝昼晩の食事前にコップ一杯の豆乳を飲むだけでいいのです。豆乳の味やにおいが苦手という人はコップ一杯とはいえ、毎日継続するのは大変でしょう。そういった場合は、バナナやきな粉、さらにはパインやココアなどを一緒に豆乳に混ぜると飲みやすくなり継続できるでしょう。特にパインは脂肪燃焼成分であるペプチドや脂肪吸収抑制成分を含んでいるので、体への吸収を助ける効果があります。

 

豆乳ダイエットに最適なタイミングとは?

iStock_000072688197_Small
豆乳ダイエットをする最適な時期やタイミングはいつなのでしょうか? まず、タイミングは食前です。ダイエットに効果がある成分を吸収しやすいだけでなく、食前に飲むことで満腹感が生まれて食べ過ぎ抑制につながる点もメリットです。豆乳を飲むと脂質を体外に排出しやすくなりますので、便秘にも効くといわれています。また、ダイエットをする時期については、女性の場合、生理7日前から生理日までが効果的でしょう。排卵から生理までは、さまざまな成分や栄養素を吸収して蓄えようとする特徴があります。その理由は女性ホルモンのプロゲステロンが増加するからです。脂肪を溜めこみやすい時期に豆乳ダイエットを行うとより効果的です。

アンジー編集部

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ