趣味

2014.05.16 UP

生きる意味とは?~あらゆるものを失い、失敗し続ける私たちの

LINEで送る
Share on Facebook

2c4559fef6021094da4e93ebe9b91266

(Photo by Pinterest)

 

例えば、仕事で失敗したり、恋人とうまくいかなかったり……。

「努力は必ず報われる」なんてことは現実にはなく、どんなに努力してもそれが報われるわけではない、そんな現実は大人になればなるほど実感するものです。

 

じゃあ、今までの私って一体なんだったの? これまでやってきたこと間違っていたの? なんて、努力していれば、いるほどその失敗のときのダメージは大きく、全てを否定したくなりますよね。

では、どうせ私なんて……と、努力を放棄してしまうしかないのか?

 

そんなことはもちろんしてはいけないし、するべきではないと思います。

どんなことにも理由がある。そんなあたり前のようで、忘れがちな事実について改めて考えさせる映画を紹介したいと思います。

 

なぜ、彼は100年生きたのか。

827785l

(Photo by 『ニューヨーク 冬物語』)

 

映画『ニューヨーク 冬物語』は、ニューヨークの裏社会で生きるピーター・レイクが、美しい令嬢ベバリーと出会い恋をする物語です。犯罪に手を染めるピーターが、ベバリーと恋に落ち、悪の道から足を洗おうとするが、余命わずかのベバリーの命はやがて尽きてしまう……。

 

ピーターは、愛を知ったことでまっとうに生きようと気持ちを入れ替えるが、それで組織から命を狙われることになったり、愛したベバリーが病気で亡くなったり、うまくいかないことばかりの人生。

そんなピーターですが、記憶をなくし、ふと気が付くとそこはなぜか100年後の世界

愛する人も、家族も仲間も、なにも持っていないピーターはなぜ100年の時を越えて生き続けることになったのか?

 

どんな人の人生にも理由がある

ピーターは天からある宿命を授けられていたのです。記憶の断片をつなぎ合わせ、彼はその宿命と記憶を探り出します。

彼に定められた宿命はべバリーを救うことではありませんでした。しかし、宿命をまっとうするためには、やはりべバリーの存在は必要不可欠だったのです。

うまくいかないこと、すれ違ってしまったこと、失った人、叶わなかった夢……私たちはあらゆるものを失い、失敗し続け生きています。

しかし、すべてをなくしたとしても自棄になる必要はないのではないでしょうか?

 

私たちがここにいることにはすべて理由がある。失ったものにもすべて意味がある。

それは宿命というほど、重いものではないだろうし、誰かを直接救うものではないかもしれないけど、誰かの人生にとってそう思われるだけで、もしかしたら肩の力を抜いて生きていけるのではないでしょうか?

ANGIEでは、映画公開を記念して、オリジナルTシャツを先着3名様にプレゼントいたします!

服

※サイズはSサイズでございます(海外サイズですので、かなり大きめでございます)。

※色は編集部のおまかせとなります。

 

プレゼントの応募方法   ANGIEのメルマガにご登録ください。

 ANGIEしあわせレター

当選のご連絡は、ご登録いただいたメールアドレスにお送りします(落選のご連絡はいたしません)。

 

pon
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ