趣味

2017.01.10 UP

いくつになっても成長できる!オトナ女子に音楽レッスンをすすめる理由

LINEで送る
Share on Facebook

大人になると「初めてやること」がどんどん減っていく……というような話を耳にしたことがあります。確かに子どものころは初めての連続でいつの間にかいろいろなことを覚え、達成していったものではないでしょうか。

大人になると何かを成し遂げる機会は仕事以外にあまりないかもしれませんね。そこで私がおすすめしたいのが音楽レッスンです。春からドラム教室に通い始め、1曲通して叩けるようになった私の実体験をご紹介しましょう。

音楽レッスン(ドラム)が大人の成長にいい理由

 

「がむしゃらに叩いてみたい!」という理由で触れたこともないドラムレッスンを受けることにしたのはこの春のことです。月に2度、1時間のレッスンを続けて8ヶ月。スピッツの「ロビンソン」を1曲通して叩けるまでに上達しました。

ドラムは腕だけでなく足でもリズムを刻むので、リズム感を維持するのが大変です。また全身運動なので、意外と疲れます。でも上手く叩けたときの気分は爽快! 時間を費やせば費やすほど自分の成長を実感することができます。

レッスン以外にも自主練をしていた私ですが、その理由は純粋に「もっとうまくなりたいから」。徐々に、でも確実に上達していくのでモチベーションが維持しやすく、1曲すべてを叩けるようになると「ここまでできた!」とこれまでの自分を褒めることができます。素直に自分を褒めてあげられるのは、上達具合が自分にもはっきり分かる音楽レッスンだからかもしれません。

レッスンの流れ、費用は?

私が受けているレッスンは先生出張型のマンツーマン指導です。毎回、自宅最寄り駅近くのレンタルスタジオで行われます。先生出張型のレッスンは自宅近くまで来てもらえるのがメリットですね。

先生は20代の男性で講師として10人以上の生徒さんを抱えるかたわら、アーティストのバンドサポートなどもしている方。音楽レッスンのホームページから30分の体験レッスンに申し込み、そこで先生との相性やレッスン内容の雰囲気をつかめたので受講を決めました。

レッスン日時の調整はメールで直にやりとりします。最初の3~4ヶ月は譜面を見ながら簡単なリズムを刻む練習がメインのレッスンでした。譜面が読めなくても「こんなリズムです」とその都度お手本を示してくれたり、合間に「なにか気になるところはありますか?」と声をかけてもらえるので、分からないところも相談しながら腕を磨くことができました。

5ヶ月目からはいよいよ曲に挑戦することになり、簡単な曲を事前にいくつかリストアップしてもらえたので、その中からやりたい曲(ロビンソン)を選びました。簡単なパートからスタートし半年かけて少しずつマスター。譜面を見ずとも叩けるパートが増えるにつれ、ミュージシャン気分に……。

レッスン費用は月2回、1時間の練習で月額1万円ほど。スタジオ使用料金は先生がその都度支払います。自主練しているとはいえ月1回だと習ったことを体が忘れてしまいそうな不安がありますし、楽器にもよりますが、本格的に覚えられて通いやすい頻度の「月2レッスン」が個人的にはおすすめです。

 

ドラム以外の音楽レッスンは?

ドラム以外にもピアノやギター、サックスにヴァイオリン、三味線、琴などさまざまな音楽レッスンがあります。ピアノをやってみたいけれど、手(指)が小さいから向いていないかも……という人にもきちんと個人差を考慮しながら教えてくれますし、手入れが難しそうな楽器も注意点やコツについて詳しく指導してくれるので安心です。

腕をあげればバンドを結成してほかの楽器とコラボレーションすることもできますし、発表会に参加すれば大勢の人に自分の成長っぷりを見てもらうこともできます。自分なりの楽しみ方を見つけていけるといいですね。

 

練習して練習して、少しずつものになっていく……。そんな成長体験は大人になるとそうそうないかもしれません。

「できたらいいなぁ」を実現する音楽レッスン、興味を持った方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ