趣味

2014.02.17 UP

きれいな別れ方と汚い別れ方のちがい ~『バイバイ、ブラックバード』に学ぶお別れの作法~

LINEで送る
Share on Facebook

a71bc6e32337809d60a40441fad8f0a3

「恋の始まり」って、それがどんなものであっても、振り返ると素敵な思い出になっていることが多いと思うのですが、逆に「恋の終わり」はどうでしょう?

私の場合、終わりは最悪なものとなって記憶に残ることが多いです。もう友達には戻れない、一生会えない。しかも相手にはすでに新しい彼女がいる! という状況だと、もう発狂するしかないよな、と思います。それでも、どんな最悪な「さよなら」を経験しても、相手のことを嫌いにはなれなくて、悩むのですよね。

 

今回ご紹介したい本は、なんと五股をしている男性が主人公です。5人全員の女性に「さよなら」を告げに行く話なのですが、これが意外にもユーモラスで温かい内容でした。

 

恋人との「素敵なさよなら」って、ホントにあるのでしょうか? 本書を参考に、考えてみたいと思います。

51pea4kFsYL__SS500_※ 『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎著(双葉社)2010

 星野一彦による、5人の恋人たちへのお別れ行脚

このお話の主人公は、会社員の星野一彦。5人の女性と同時に交際し、しかも全員を大切に想っているという、困ったタイプです。

金銭絡みで大変なことをやらかし、<あのバス>と呼ばれる物騒なバスに連行されることになり、その前に彼の最後の願いとして、5人全員に別れを告げに行く……というストーリーです。

 

主人公の見張り役として、繭美という、身長が190センチ、体重が200キロの自称ハーフの女性が同行します。彼女は歯に衣着せぬ物言いで、いつも辞書を持ち歩いています(ちなみにその辞書のなかでは、「気配り」、「愛想」、「同情」の語が塗りつぶされています)。

そして、彼に別れを告げられる女性たちは、とっても魅力的です! ある女優は、浮気は認めても、別れることには最後まで納得しません。

ある天真爛漫な女性は、趣味がなんと泥棒です。黒いつなぎを着て、肩をロープでぐるぐる巻きにして、バーゲン会場に忍び込もうとする子でした。彼女は逆に、別れを告げられても「じゃあ、星野っち、さよなら。わたし、それどころじゃないの」と言い放ち、また泥棒に行こうとする……(笑)。

 

でも、5人全員とも、けして彼のことを罵倒したり、悪口を言ったりもせず、どこか希望がみえる素敵な彼との「お別れ」を迎えていたことに、私はとても驚きました。

星野一彦は、たしかにとんでもない浮気魔だけれど、ウソをつくことも計算することも全然できなくて、いつも真剣に全力で相手と向き合っていました。それがちゃんと、伝わっていたのだろうな、と思います。

まあ、5股はどーかと思うのですが。

 

相手のことをきちんと思いやった恋人とのお別れは、そんなに悪いものにならないみたいです。

「この人に会えて良かった、人生がちょっと楽しくなった」 最後にそうやって、クスッと笑って、「バイバイ」と手をふれるような恋人とのお別れを……お別れと言うか、もし別れることになってもそう思えるように、日頃から大切な人と向き合っていけたら素敵です。

ちなみに怪物のような見張り役、繭美も、物語で重要な鍵をにぎっていますよ!

良かったら、読んでみてくださいね。

 

Photo by  amazon – 『バイバイ、ブラックバード

さゆ

さゆ

(フリーライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ