趣味

2016.06.06 UP

【プロ指導】100いいね級!スマホで美味しく料理写真を撮るコツ

LINEで送る
Share on Facebook

IMG_9767 (1)

丹精込めて作った料理を、食べる前に”パシャリ!” その料理は本当に美味しそうに撮れているでしょうか? せっかく作ったなら、きれいに記録したいですよね。

そこで、日本初の料理道具コンサルタントで、食のデザインスクール「レコールバンタン」のスタイリングの授業や、料理写真教室の講師も務める荒井康成先生に”美味しく見える料理写真の撮り方”をレクチャーいただきました。ちょっとしたアングルやスタイリングアイデアばかりだから、すぐに実践できるはず。

使用するのは、iPhone6のカメラ(スクエアモード)。そう! スマートフォンで撮れるんです!

参考にすれば、インスタグラムやSNSでの”100いいね!”も夢じゃないかも!? NG写真も合わせて解説します。

料理は自然光で撮影しましょう

自然な色味や立体感を出し、やわらかな印象にするため、日の光が入る窓の近くで撮影しましょう。室内の照明も、余計な色味が加わってしまうのでオフに。

フラッシュをオンにして撮ると生々しい色になるだけでなく、フラットな印象になり、美味しさも半減してしまいます。

基本的に、サイド光( 被写体の左右のいずれかから光が当たっていること)もしくは逆光(被写体の後ろから光が当たっている状態)で撮るようにして。

平たい料理にメリハリを与えたい場合は逆光にしたり、逆光だと料理全体に影が落ちてしまう場合はサイド光にしたり……。

料理に合わせて光の当たり方や影をしっかり見て、美味しそうに見える位置から撮影しましょう。

 

Point 1:立体感&迫力を出す

NG写真

IMG_2030

Photo by 荒井康成

サラダをお皿全体に盛っているせいで、立体感がなく、迫力のない雰囲気に。白いプレートもどこか寒々しい……。

 

いいね!写真

IMG_2032

Photo by 荒井康成

プレートは大きめなタイプ(写真は直径30cm)を選び、中央に山をつくるように盛りつけるのがポイント。お皿全体にサラダを広げるよりも、少し余白を出すと洗練された印象になります。さらに食欲がわく演出として、トマトなどの鮮やかな色の野菜を加えるとGood。

お皿はブルーや、パープル、グレーなどがトレンドカラー。サラダなどの葉野菜やトマトなど、反対色に近い食材の色を際立たせてくれるので、ぜひ取り入れてみて!

目線も立体感が出る位置まで下げ、サラダにぐっと寄って撮ると迫力が増します。お皿は少しフレームから外れてもOK。余白が出すぎた場合は、ナイフとスプーンを置いてみるのも手ですよ。

 

Point 2:自然な配置にできる”くの字の法則”

NG写真

IMG_2035

Photo by 荒井康成

ドリッパー、カフェラテ、マカロンと、横一列に並べているため、不自然な写真に……。また、どれが主役なのかも伝わりにくいため、中途半端な印象です。

 

いいね!写真

IMG_2033

Photo by 荒井康成

複数の料理を同時に撮るときは、写真のように”くの字”に配置すると自然な一コマをつくれます。このとき、それぞれのアイテムの間隔を均等にあけるのもポイント。

また、スマートフォンの位置を下げ、 正面からのアングルで奥行き感を出して、手前のカフェラテが主役であることを強調しています。
FullSizeRender

Photo by 荒井康成

Instagramの編集機能”チルシフト”などで背景をボカすと、さらに主役の存在感が際立ちます。

ムードもアップして、午後の素敵なティータイムを想像させてくれる一枚に見えますね!

 

Point 3:美しさを際立たせる”陰陽の法則”・”奇数の法則”

NG写真

IMG_2036

Photo by 荒井康成

ランダムに配置されているため、見る側の視線も乱れてしまいます。

さらに、真上から引きで撮ったせいで、愛らしいマカロンのサイズ感やディテールがわかりにくくなっているのも残念。

 

いいね!写真

IMG_2039

Photo by 荒井康成

和食の盛り付けには2つの法則があります。

1つは”陰陽の法則”。四角い形の料理(陰)には丸いお皿(陽)、丸い形の料理(陽)には 四角いお皿(陰)のように選ぶと、料理の美しさが際立つと言われています。

もう1つは、”奇数の法則”。同じような形の品を並べるときは、偶数よりも奇数の方がバランスよく見えるのだそうです。

上の写真は、2つの法則を守っているため、整然とした美しい一枚に仕上がっています。また、マカロンの色を最大限引き出すため、黒色のプレートを選んだのもポイント。

アングルは、マカロンのクリームが挟まれた部分がしっかり見える位置に。料理写真を撮るときは、”料理の特徴がわかる部分”、”美味しそうに見える部分”を探し、そこをしっかりと見せるのが大事なのだとか。

 

Point 4:飲み物は逆光で撮って透明感を出す

NG写真

IMG_2042

Photo by 荒井康成

順光(撮影者の背後から光が入り、被写体の前に当たっている状態)で撮影。手前のグレープジュースは濁り、オレンジジュースは光が直接当たっているため本来の色を失っています。

 

いいね!写真

IMG_2045

Photo by 荒井康成

こちらは逆光で撮影した写真。後ろから光が入ることで、グレープジュースは透明感が増し、オレンジジュースは肉眼で見た色合いに近づきました。

光が強すぎて被写体が暗くなってしまう場合は、窓にレースカーテンをひいて和らげましょう。

 

IMG_9760

Photo by 荒井康成

影が強すぎる場合は、影のある方にノートなど白い紙を置き、光を反射させて。影がやわらぎ、被写体もきれいに写せます。

 

IMG_9758

Photo by 荒井康成

カットしたオレンジを配して、ボリューム感を出すとよりおしゃれに。さらにミントを添えれば、清涼感も出せますよ。

 

ご紹介したアイデアで撮影した写真をSNSにアップしてみてください。きっといつもより「いいね!」が増えるはず!

 

荒井康成

yasu_2014

日本初の料理道具コンサルタント。料理学校での講師、料理道具メーカーのフードスタイリング・デモンストレーション、食情報誌での執筆・監修などで幅広く活躍。

『ELLE a table』(Web版)では、ツールハンターYASUとしてコラム連載中。著書『ずっと使いたい世界の料理道具』(産業編集センター)がある。

食のデザインスクール「レコールバンタン」では、フードコーディネーター・カフェ・レストランコースのスタイリングや料理写真の撮影方法の講師を務めている。

カメラ雑誌『PHaT PHOTO』(株式会社シー・エム・エス)主催の料理写真教室でも定期的にレクチャー中。スタイリングなどの演出法を軸に、ストーリーのある料理写真の撮り方を提案している。

(トップ画像:荒井康成)

武蔵英介(ANGIE編集部)

武蔵英介(ANGIE編集部)

メディアプランナー

≫このライターの記事を読む

主にインテリア、料理など暮らし関係の記事を担当。 趣味は、インテリア、料理、自転車、海外ドラマ。 「皆さまに毎日の暮らしが楽しくなる情報をお届けいたします」

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ