Boys

2013.09.17 UP

原色イケメン花譜 #007 『男はいつも それを割っちゃうんだ。』

LINEで送る
Share on Facebook

 図1

Q1 アラサー、アラフォー女性のどこに思わず目がいきますか?

白い肌、もちもちした肌。足をくむ仕草。

小説などを読むときの眼鏡をかける仕草。

 

Q2  アラサー、アラフォー女性のどんなところが好きですか?

酔ったら説教するところかな……。

 

Q3  アラサー、アラフォー女性とやってみたいことはなんですか?

ちょっとお高い温泉旅館(個室露店風呂付き)にふたりで入り湖を見ながら、肌をスベスベしたい。(混浴)CMのように隠しながら……。

普段のデートでは仕切られているが、ドライブに連れていきたい。仕切りたい願望が僕にはある。

 

Q4 プロフィールを教えてください!

上杉輝(ウエスギ テル)

1982年生まれ 広島県出身

趣味は釣り、料理。

TOKYO流星群リーダー

uesugi22

 

From editor

『男はいつも それを割っちゃうんだ。』

 

ガラスのように 透き通った心のまま 男がオトナになるのは危険だ。

 

消防士がポリエステル100%の洋服を着て 火の中に飛び込んでゆくほど 危険だ。

 

だから少年たちは ガラスのハートを

 

どこかに隠して オトナになる。

 

どこに隠しているのか?

 

それを見つけて 彼のガラスのハートにキスをしてあげるのは オンナの仕事。

 

ガラス玉を 新宿駅のコインロッカーに隠している男だっている。

 

バーのマスターに「これ、預かっといて」と言って 無造作に手渡す男だっている。

 

どこに隠したのか ちっとも覚えていない男だっている。

 

そういうのを うまく探し出して

 

割らないように そっとあたたかな吐息を吹きかけて

 

ガラス玉を磨くのが オンナの仕事。

 

オンナのガラス玉?

 

男はいつも それを割っちゃうんだ。

 DSC_7302

 

edit1

 

【撮影協力】

麻布十番バー&ラウンジ|FIVE STAR

 

【photo】

小石川ごうた

 

【editor】

ひとみしょう

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ