美容

2014.09.22 UP

朝から運動!忙しい女子もできる「朝活で」ボディメンテナンス

LINEで送る
Share on Facebook

34d023134f8af2bc4311ae1c441029c2

もうすっかり秋で、涼しくなりました。朝おきるの、少しだけ楽になってきましたね。

でも、「ああ、会社いきたくない……」という気持ちがわきおこってしまうのは仕方のないこと。そこで、朝起きて、会社にいくまでの時間に「なにかしらの楽しいこと」をしてみませんか?

 

仕事前の時間を有効活用するとして、ブームとなった「朝活」。何でもいいのですが、今回は王道ともいえるスポーツ編。

カラダを動かすものに限定してご紹介していきましょう。

 

丸の内でチアダンス!あらゆるジャンルがそろう、老舗キャンパス

832f2b38b65da61a1c455b5cb41438f0

「どうせなら人と違うことをやってみたい」

そんな女史にぴったりなのが「丸の内朝大学」でおこなわれている朝活です。大手町・丸の内・有楽町地区全体がキャンパス、という有名スポットでもあるうえ、驚くのは講義がバラエティにとんで豊富にあること。

 

中でも、毎週木曜日7時15分から8時15分に行われる「丸の内チアダンスクラス~チアスピリットでまちを元気に~」はチアリーディングの基礎「応援」を表現する意義から、実際にチームワークを駆使した動きなど心とカラダ、両方を磨くことができます

全8回(1回60分)で費用は38,000円程度。丸の内大学の講座は人気があるものが多く予約が埋まりがちなので、気になったら早めの申し込みがおすすめ。さらにはチア特有の魅力的な笑顔が身につくかもしれません。

 

9a7f68a2e7eff8be7042f58d62e6e397

 

初心者歓迎!渋谷でボディメンテナンスにもなるバレエ入門

cc3e9c1600d88d70e8bc30ef46133235

渋谷駅から徒歩5分にある「バレゾナンス東京バレエスタジオ」では、その名のとおりバレエを体験することができます。

7時15分から60分間、長めのストレッチをメインにした「目覚めのバレエ」。日ごろ、同じ姿勢や動きをすることが多い人ほど、このストレッチがきいてくるのではないでしょうか?

ストレッチ中も1日の始まりを後押ししてくれるような心地のいい音楽を選曲してくれます。1日体験も可能ですし、1回2,600円から、5回・15回・30回とチケット制も導入しているので、「仕事が不定期」「飽きちゃうかも」という場合にも利用しやすくなっています。

 

未経験者が80%で初心者でも通いやすい環境なので、「興味はあったけど未経験だから……」と遠慮していた人も、気軽に試してみてください。

男性の受け入れもOKなので、希望があれば彼との朝デートも実現するかもしれません。

 

六本木でパワーチャージ!マンツーマン指導のクラブ

c6fdf64ff02aafc60478165fd4ad80c4

「なじみあるスポーツから取り組みたい」という人には六本木一丁目駅直結徒歩1分のところにある「住友不動産エスフォルタ」で7時20分からスタートする「ピラティス」や「パワーヨーガ」からはじめてみてはいかがでしょう。

こちらは完全担当者制のフィットネスクラブなので、サポート力が違います。

それは、最新鋭機器での測定や動作分析などがあり、本気でダイエットをしたい人にも向いているところ。さらに会員になれば、手ぶらで利用可能(レンタル無料)なので、通勤時にウェアを持ち歩くわずらわしさがないのもポイントです。

 

月会費は22,000円とお高めですが、国家資格「管理栄養士」の資格を有した栄養アドバイザーによる「栄養カウンセリング」が何回でもうけられたり、最新ミュージックにのせた格闘技エクササイズや、ラテンダンスミットパンチなど個性あるプログラムを体験することができますよ。

 

短時間でアンチエイジングできるチベット体操を新宿で

f9cf6ac1a8fe5520f971e69880d15c16

東京メトロ丸の内線新宿御苑前より徒歩3分にある「Lohas Moon」では、短時間でアンチエイジング効果がえられるという「チベット体操レッスン」をうけることができます。

 

毎週木曜日7時から8時15分の時間におこなわれるこのレッスンは、ヨガのルーツといわれ、チベットの僧侶が瞑想に入る前に行われてきた修行法をアレンジしたもの。

全身の血液・気の流れがスムーズになり、肩こり・腰痛などの予防、便秘や冷え性改善にもなり、特に「カラダがかたくて、ヨガもピラティスも無理」と感じている人ほど向いています

レッスンは当日2,500円のお支払いか、5回分(10,000円)のチケットを購入することもできますよ。

 

ad588b3c2f7f8f989cb870eba14597db
毎日同じ時間におきて同じ時間の電車にのり、同じような仕事をしている中で、マンネリを感じること、ありませんか? 平日の朝、少しの時間でも自分が「楽しい」と感じる体験をすると、ちょっと休んだ気になれたりします。

 

「毎日笑って過ごしたい」。シンプルながら実践の難しいこの理想。その打開策として、いま一度「朝活」、見直してみてはどうでしょうか?

 

Photo by Pinterest

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ