美容

2014.09.10 UP

産後12キロ減の秘密は●●だった!優木まおみも実践したダイエット法とは?

LINEで送る
Share on Facebook

1ae0ce7c811d72192cbdb3347a8d7bd6

才色兼備なのに友だちのような親しみやすさを持っている、優木まおみさん。そんな彼女が、第1子出産後なんと、12キロのダイエットに成功したことを公表しました。

 

普通のダイエットでもきついのに、産後直後の忙しさの中で一体どうやって痩せたのでしょうか……。今回は、そんな優木まおみさんの体験から、本当に効くダイエットのコツを学びましょう!

 

減量への第一歩!ちゃんと「原因を理解」してる?

74b735015a0ecfdf49d71a434306261b

最近体重増えちゃってさ~なんてよく耳にしますが、果たしてその原因を知っている人は、どのくらいいるでしょうか。

 

優木さんの場合は、妊娠中の食生活や出産による骨盤の開きが原因だったようです。

そこで彼女が実践したのが、ウォーキングや健康に配慮した食生活を送ること。さらに、産後の身体の代謝を促すためにリフレクソロジーも活用したそうです。

 

まさに、原因をピンポイントで取り除くダイエット法!

原因をはっきりさせたからこそ、取るべき方法が分かり、12キロものダイエットに成功したんですね。さて、アナタが太った原因は……?

 

どれに当てはまる?自分のタイプを知ろう!

Screenshot_7

それでは、肝心の「原因」について一緒に探っていきましょう! 次のうち、もっとも自分に当てはまるのはどれでしょうか?

 

A) 「万年ダイエッタータイプ」・・・話題になったダイエット法はなんでも試してきました!

B) 「食事制限タイプ」・・・痩せたいからお米やお肉は食べない! 野菜なら山ほど食べる。

C) 「日陰タイプ」・・・運動なんてメンドクサイ……お休みはお家でのんびり! インドア大好き。

 

自分のタイプが見つかったら、痩せない「原因」と「対処法」について見ていきましょう!

 

タイプ別ダイエット法で効果テキメン!

3b8593a7b23e51fa1c54c4a93206c239

A 「万年ダイエッタータイプ」・・・ このタイプに当てはまる女史に共通するのは、「冷え性」です!

 

ダイエットの秘訣は、基礎代謝の向上。長年くりかえし実践してきたダイエットの数々のせいで基礎代謝が低下すると、どんなダイエット法を試しても、もはや効率よく脂肪を燃やすことができないのです。

そこでオススメなのが、筋肉量を増やすこと! 身体を鍛えて筋肉量を増やせば、基礎代謝量が増えて余分な脂肪が燃えやすくなり、さらに冷え性も改善されるので一石二鳥です。

 

B 「食事制限タイプ」・・・ このタイプの女史に多いのが、なんと「栄養不足」!

フルーツや野菜だけしか食べないダイエット法では、一時的に痩せることはできてもリバウンドする人が多い、という特徴があります。

 

このタイプで問題なのは、身体は摂取する栄養が減ると、少ない量で生命を維持しようとして脂肪を燃やさなくなること。

これでは脂肪が消えないばかりか、栄養不足でお肌にも影響大! そんなアナタは、野菜の量は維持しつつも、そこに赤身のお肉や魚を取り入れるのが正解です。 

野菜を先に食べれば、食物繊維のはたらきで血糖値の上昇が穏やかになり、脂質の吸収も抑えられます。

 

C 「日陰タイプ」・・・インドア派の女史は、運動不足になりがちですよね。でも、痩せない原因はそれだけじゃないんです。

インドア派に圧倒的に足りないのは、運動量もさることながら、なんと「ビタミンD」。

 

血中ビタミンDが不足すると代謝の低下を招くため、Aの万年ダイエッタータイプ同様、脂肪を燃やすことができなくなるのです。

そんなインドア派女史がやるべきは、1日30分程度日光を浴びること。日光を浴びることで、体内にビタミンDが生成されます。お散歩でも単なる日光浴でも、まずは外にでかけましょう。

 

db76da4249d9fd1be70fa5b4e3cedd4d

いかがでしたか?

ダイエットを成功させるには、優木まおみさんのように、とにかく太った原因をハッキリさせることが鍵。

「健康あってこそのダイエット」ということを意識して、今日から理想の体型めざしてがんばりましょう!

 

Photo by Pinterest

Sae

Sae

フリーランス翻訳者/ライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ