美容

2015.11.19 UP

「冬の乾燥」がもたらす肌の老化に冷水シャワーが効く!?

LINEで送る
Share on Facebook

Blonde with hand next to head

湿度が低くエアコンによる乾燥が激しい冬は、肌年齢が5歳も老けてしまうのだとか!

そこで今回は、すべすべモチモチ肌を保つための、冬のスペシャル美肌ケアをご紹介します。

ミランダ・カーもハマっている冷水シャワーなど、気軽に取り入れられるものばかりですよ。

 

「冬の乾燥」がもたらす肌の老化

肌_ トップ

冬の外気や暖房で乾燥が進むと、肌荒れが起こりやすくなります。

皮膚の新陳代謝や血液循環が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れることで、シミやシワ、くすみが増加することに。

肌細胞に十分な栄養が行きわたらず、放っておくと肌はどんどん老化してしまいます。

 

ミランダ・カーも実践する「冷水シャワー」

肌_冷水

モデルのミランダ・カーは、シャワーの際に温かいお湯と冷たい水を交互に浴びることで、身体全体のデトックスを行い、血液循環をアップさせているのだそう。

この寒い時期に冷水シャワー!? と思ってしまいますが、ミランダいわく「全身がピチピチ生き返るみたいで気持ちいい。特に頭皮と顔に効果的!」なのだとか。

風邪を引かないためにも、夜のシャワー時にのみ行うのがおすすめです。シャワーの最後に、冷たい水をちょっと浴びるだけでもOK。続けているうちに肌が引き締まり、血液循環が良くなって乾燥知らずの肌に!

 

化粧水と乳液の「ミルフィーユ塗り」

肌_ミルフィーユ塗り

化粧水と乳液を使った普段のお手入れにも、この時期ならではのスペシャルな方法を取り入れてみましょう。

「ミルフィーユ塗り」とは、乳液と化粧水を交互に肌につけ浸透させるお手入れ法です。

 

洗顔後、化粧水ではなく先に乳液で肌をマッサージしましょう。乳液で肌の角質を柔らかくさせることで、その後の化粧水が入りやすくなるというメリットが!

その後は、順番に化粧水と乳液を交互に重ねていきます。肌がモチモチになってきたら、そこでストップ。

最後は必ず乳液で終わり、肌を包み込むように保護しましょう。私も実践していますが、肌荒れが軽減されましたよ!

 

食べ物からも乾燥対策!

肌_ひじき

乾燥対策は外側からだけでなく、内側から取り入れることも大切。

肌の水分保持力をキープするには、角質層の細胞間脂質であるセラミドが含まれている食材を摂取するのが◎。ヒジキや黒豆、黒コンニャクなど、黒い色の食べ物を意識して取り入れてみましょう。肌が潤いますよ。

 

手軽に取り入れられる冬の乾燥対策。モチモチ肌を目指して、ぜひトライしてみてください!

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ