美容

2015.09.03 UP

美肌アンチエイジングに!毎日食べたくなる秋のズッキーニ活用術

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000042867752_Small

柔らかな歯ごたえと、みずみずしい味わいが魅力のズッキーニ。生のままでも、炒めて食べても美味しい夏野菜です。

食べたことがないという人は、少しもったいないことをしているかも!?

ズッキーニには、夏の紫外線で疲れたお肌や、暑さで疲れ気味の身体にうれしい成分がたっぷり。

しかも1本(約250g)たったの50kcal! 低カロリーながら調理の仕方によってはお腹にしっかりたまる、優秀なお野菜なのです。

今日から毎日でも食べたくなる、ズッキーニの魅力をたっぷりお伝えします!

 

キュウリっぽいけれど、実はカボチャの仲間

iStock_000018600378_Small

ズッキーニはカボチャの一種だということをご存じでしょうか?

国内で見かけるズッキーニは、濃い緑色をしたキュウリ型のものが主流ですよね。

ズッキーニを使った料理が食卓に並ぶことも多いヨーロッパでは、コロンとした形が可愛らしい丸型やギザギザしたロマネスコ型、平べったいUFOのような形をしたものなど、さまざまな形のものが店頭を飾ります。黄色に黄緑色に白色と、カラーバリエーションも豊富!

花の部分を楽しむ「花ズッキーニ」などもあります。天ぷらにしたり、チーズなどを詰めてフライにすると美味しく食べられます。

 

ビタミンC、カリウムで美肌&むくみ知らずに!

iStock_000034724126_Small

ズッキーニには美肌や健康に良い栄養素がたっぷり! また、食物繊維も豊富に含みます。

コレステロール値を改善する「ルチン」、強い抗酸化作用のある「ルテイン」、美肌を保つ「βカロテン」、紫外線による肌ダメージの改善や疲労回復効果のある「ビタミンC」、むくみ解消と夏バテ予防に効果的な「カリウム」などの成分が、夏の疲れた身体をいたわってくれます。

 

皮ごと食べてアンチエイジング!

iStock_000013749639_Small

アンチエイジングに効果的な「ルテイン」は、皮の部分に多く含まれています。このため、食べる時には皮は剥かずに丸ごと調理するのがベストです。

どんな食材ともケンカしない、マイルドな味が特徴のズッキーニは、ナスのような感覚で使える使い勝手のよいお野菜です。

カレーや野菜炒めに加えたり、ドライフルーツと合わせてサラダにしてみたり、毎日の食卓にどんどん活用しましょう! フランスの煮込み料理ラタトゥイユにも欠かせません。

ズッキーニを丸ごと1本使いきれない時には、切り口をラップで包んで冷蔵庫で保管し、2〜3日中に食べきるようにしましょう。長く保存すると苦味が出て、味が落ちてしまいますので気を付けましょう。

女性の美容にいいことづくめのズッキーニ、ぜひ活用してみてくださいね!

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ