美容

2015.07.28 UP

美肌&ダイエットに最適!夏のバスタイムの効果的な過ごし方って?

LINEで送る
Share on Facebook

Attractive girl relaxing in bath

年齢を重ねるごとに、イキイキと輝く井川遥さん。彼女の美の秘訣は、毎朝熱めの湯船に浸かってたっぷり汗をかくことなのだそうです。

入浴は、夏の冷房や紫外線でダメージを受けた身体のケアにとっても良いんです。代謝を上げ、美肌&ダイエットに効果が期待できますよ。

そこで今回はバスタイムの効果と過ごし方をご紹介します。

 

古い角質をオフ!毛穴の中からキレイに

iStock_000017156041_Small

入浴中、汗をかくことで肌のターンオーバー(再生)が促進されます。そのため、紫外線の影響でくすんだ皮膚が一掃され、肌にハリと潤いが戻ってくるのです。

 

また、毛穴の奥からしっかり汚れを取り去ることができるため、落としきれていないメイク汚れもオフできちゃいます。

とにかく肌がさっぱりして、気分爽快になりますよ。

 

老廃物を排出して、痩せやすい身体に

iStock_000053129670_Small

入浴は、汗と一緒に毒素の排出を促してくれるため、ダイエットにもおススメです。

熱いお湯での入浴を習慣化していくと、代謝が上がり、次第に痩せやすい身体に

また、お湯に浸かりながらリンパマッサージをすると、むくみ解消にもつながりますよ。

 

効果的なお湯の温度は?

iStock_000020261453_Small

たくさん汗をかきたいからといって、熱すぎる温度はNG。逆に肌を傷つけてしまいます。

最も美容効果が期待できる温度は41〜43度

また、10分〜15分くらいを目安に入浴しましょう。20分以上浸かっていると、体調が悪くなることもあるので、注意が必要です。

 

日本酒やソルトを入れてバスタイムを楽しんで

iStock_000012079247_Small

美容効果を高めるために、日本酒や塩を入れるのもおススメ。湯船に少量入れるだけで、発汗作用がUPします。

また、日本酒はメラニンの抑制にも効果が期待できるため、紫外線をあびた肌の美白に◎。

 

美容効果UP!入浴前の全身ブラッシング

iStock_000019654556_Small

バスタイム前の美容ケアとして「ドライスキンブラッシング」もおススメ。ミランダカーなど、海外セレブたちも取り入れているんですよ。

脚から心臓にかけて、豚毛のブラシで全身をマッサージしますセルライト対策や疲労回復に良いそうなので、合わせて取り入れたいですね。

 

代謝が落ちぎみな夏だからこそ、充実させたいバスタイム。

ついシャワーで済ませてしまいがちですが、週三回は湯船に浸かり、心も身体もデトックスしましょう!

 

関連記事

セルライトの原因解明!セルライトを自宅で除去する効果的な方法

Timmy
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ