美容

2015.05.25 UP

定番カーディガンを新鮮に着こなす!今季のスタイリングの特徴!

LINEで送る
Share on Facebook

iStock_000059985674_Small

誰もが持っている定番の「クルーネックカーディガン」は、さまざまなシュチュエーションで使えます。

ちょっと上品に見せたいときも、コーディネートに困ったときも、肌寒い日の羽織りものとしてもたくさん活躍してくれる頼れる存在ですよね!

そんな万能アイテムですが、定番すぎて地味でつまらないスタイリングになってしまうことも……。

 

そこで今回は、出番の多いシンプルなクルーネックカーディガンを今シーズンらしく新鮮に着こなすテクニックをご紹介したいと思います。

 

メリハリのあるシルエットを意識!

6276993_b_10_500

 

Photo by ZOZOTOWN(apart by lowrys)

ジャストサイズの定番カーディガンは、ボリュームのあるボトムと好相性。

カーディガンは小さいシルエットのものを選び、ボトムは大きいシルエットになるように意識すれば、メリハリのあるスタイルが作れます。

 

昨年までならミディ丈スカートで上品にまとめるのが定番でしたが、今シーズンは新顔のワイドパンツやガウチョパンツと合わせるとトレンド感たっぷり!

カーディガンの前を開けて着る場合は、インナーはボトムにタックインして、バランスよく着こなして。

 

メリハリのある配色にしてみて!

6937772_b_18_500

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe The 1st. Floor Ladys)

老けて見えずに旬のスタイルを作るには、メリハリのある配色を意識することが大切です!

たとえばコントラストの強い「ネイビー×白」のような配色なら、今シーズンらしいヘルシーな色気が漂うスタイルが作れます。

 

コンサバ感が強いカーディガンは、全身をベージュやグレーなど淡い色のワントーンでまとめるのはNG!

オバさんっぽく見えてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

インナーにカジュアルTシャツを!

6937772_b_16_500

Photo by ZOZOTOWN(nano・universe The 1st. Floor Ladys)

カーディガンを羽織るときには、インナーを「ロゴTシャツ」や「ボーダーTシャツ」といったカジュアル感の強いアイテムにかえましょう!

こなれ感のある今シーズンらしいスタイルが作れます。

注目のロゴTシャツは、モノトーンカラーを選べばチグハグな印象になることもありませんよ。

 

アクセントカラーのカーディガンは肩かけ用に!

6804072_b_21_500

Photo by ZOZOTOWN(IENA SLOBE)

グリーンやブルーなどのビビッドな色のカーディガンは、シンプルなコーディネートの差し色にぴったり!

「ちょっと地味すぎるかな……」と思ったときに、肩かけ用や腰巻き用に持っていれば便利ですよ。

 

6778291_b_15_500

Photo by ZOZOTOWN(GLOBAL WORK WOMEN)

写真のように袖を通さないで羽織るだけのスタイルも、普通に着るよりもこなれ感があって、オシャレムードが漂ってきそうです!

 

定番アイテムだって、着こなし方をアレンジすれば旬の雰囲気を作れます。

頼れる万能カーディガンを今シーズンらしくアップデートしちゃいましょう!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ