美容

2015.05.25 UP

日焼け止め効果が激減!? 間違えやすい肌の紫外線ケアNG4つ

LINEで送る
Share on Facebook

T
紫外線が肌の老化を早めるのは、もはや周知の事実。

そんな憎き紫外線を予防するため、アラサー・アラフォーのみなさんも日々UVケアに一生懸命取り組んでいるのでは?

しかし、UVケアには落とし穴がたくさん。

自分は完璧と思っていても、実はガードしきれていなかったりすることも……。

そこで今回は紫外線をできるだけ予防し、美しい肌を作るテクをご紹介します。

 

あなたは大丈夫?間違いやすい紫外線対策

iStock_000021518380_Small

意外と知られていない、間違えやすいケアをご紹介します。

自分も当てはまっていないか、今すぐチェック!

 

●NG例1:日焼け止めの量を気にしない

一番多い間違いは、日焼け止めの量が少ないこと!

とくに現在は伸びのよいテクスチュアが多く、少量で済ませがちです。

しかし顔に塗る適量としては、最低でも500円玉大の量が必要です。

これ以下だと、日焼け止め効果は激減します。

 

●NG例2:リキッドタイプのファンデを使っている

パウダーファンデーションは、紫外線錯乱剤と似た働きをしてくれます。

そのため、リキッドタイプよりも多くの紫外線予防効果が期待できるんです。

紫外線ケアを考えるなら、パウダーファンデを選びましょう!

 

●NG例3:SPFの値しか気にしない

SPFは、シミやそばかすを作り出す「UV-B」の防止効果を表す値。

PAは、シワやたるみの原因となる「UV-A」の防止効果を表します。

つまり、SPFの値が高いだけでは十分ではありません。

エイジング予防にはPAの値も重要なんです。

 

ちなみに、PAの強さは「PA+」から「PA++++」まで4段階あります。「+」の数が多いとより強い値を表します。

日常使いでは「PA++」や「PA+++」、レジャーでは「PA++++」のものを使うのがオススメです。

 

●NG例4:UVカットできる傘や帽子で満足している

日焼け止めは肌に悪いからと、UVカットの帽子や傘だけで過ごすという女性がいます。

しかし紫外線は頭上からだけでなく、地面の照り返しからも注がれます

アイテムだけでは完璧に紫外線予防はできません。日焼け止めも併用してしっかり防御しましょう。

 

食べ物でも紫外線対策を!

iStock_000012542813_Small

紫外線予防は、日焼け止めさえ塗っていれば大丈夫と思いがちです。

しかし、アンチエイジングに気をつけたいアラサー女性は、紫外線を身体の内側からケアすることも重要。

実は食材に気をつけるだけで紫外線をブロックしたり、日焼け後の肌を沈静化することができるのです。

 

まず、シミやそばかすの対策となるのがビタミンCです。

これは赤ピーマンや黄ピーマンにとっても多く、また芽キャベツやケール、青ピーマンにブロッコリーなどといった緑色の野菜にも多く含まれています。

またアセロラやゆず、キウイやレモンといったフルーツにも多いので、野菜とフルーツを普段からよく摂るようにしましょう。

 

iStock_000011765741_Small

シワやたるみには、抗酸化物質であるビタミンEやβカロテンが効果的。

かぼちゃやホウレン草、モロへイヤ、うなぎはビタミンEとβカロテンを含む代表格です。

またビタミンEはアーモンド、βカロテンは鶏レバーにも多く含まれます。

 

さらに、高ポリフェノールのココアは日焼けしてしまった肌の赤みを沈静化。

ダメージを修復し、キメを整える効果もあるので、ドリンクなどで積極的に摂取しましょう。

 

今の予防こそが、10年後のキレイを作る

iStock_000044934916_Small

今しっかりとケアすることで、5年後、10年後の美しさは変わっていきます。

いつまでも若く、美しい姿でありたいものですよね。

多少面倒ではあっても、今できる紫外線予防をしっかり行いましょう!

 

※関連記事

コスメを見直さないと危険!? 30代の「急激な肌老化」をストップするには?

ぷるん肌の秘密が明らかに!美女が勝負前にやっているスピードケアって?

ピーリング麻里子
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ