美容

2015.03.30 UP

ヒップやお腹をカバーして「タイトパンツ」を着こなすファッション術

LINEで送る
Share on Facebook

People during Milan Fashion week, Italy on February, 27 2015

春は、デニムがくる! ということもあり、ここ最近のスカートブームも少し落ち着いて、今、パンツに熱視線が送られています。

 

そこで、R30世代がパンツをはくときに気になるのが、ヒップやお腹周り!

特にタイトパンツだと目立ってしまうので、どうしても「ゆったり長めのニットで隠す!」というスタイルが多くなってしまいます。

 

でも毎回、同じパターンだとつまらないですよね?

いつも変わりばえしないスタイルから脱却するために、気になるヒップやお腹周りをカバーしながら、タイトパンツをスッキリ着こなすテクでバリエーションを広げてみましょう!

 

シャツレイヤードでカバー!

372437bce9b90fbd72b89373104e0c70

Photo by Pinterest

人気のシャツの重ね着スタイルは、スリムパンツとも相性抜群!

ラウンドした、動きのあるシャツの裾ラインのおかげで、のっぺりした印象になることもありません。

 

シャツをプラスするだけで、気になる部分をカバーしながら、奥行きのあるスタイルを作ることができますよ。

 

ロング丈の羽織りものを活用!

4

Photo by Pinterest

ヒップがすっぽり隠れるロング丈のジャケットを合わせれば、クールな大人のスタイルが完成します。

ロングジャケットは、すっきりシャープな雰囲気に見せれるので、ニットにも飽きてきたちょうど今頃には、新鮮に感じられるはず!

オフィスにもピッタリのスタイルです。

 

5

Photo by Pinterest

さらに、今注目なのがロング丈カーディガンです。

まだ寒い日には、ショート丈アウターとのレイヤードがオススメ!

 

少し暖かくなったら、アウター代わりにさらっと羽織るのもカッコイイですよね。

スリムパンツとダブルのタテ長効果で、細く見えるのも、うれしい限り!

 

腰巻スタイルでオシャレにカバー!

6

Photo by Pinterest

シャツやカーディガンの腰巻スタイルなら、シンプルなコーディネートのアクセントにもなるので、一石二鳥!

差し色として使うのも、オシャレですよね。

 

チェック柄のシャツで、カジュアルダウンしたり、パステルカラーのカーディガンを巻いて、春気分をプラスしたり。

その日の気分で、楽しんでみては?

 

歳を重ねるにつれて、体型の悩みは出てくるもの。

だからと言って、オシャレの幅が狭くなるなんてことはありません!

気になる体型を賢くカバーしながら、ファッションをたくさん楽しんじゃいましょう!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ