美容

2014.12.12 UP

優秀ニットは来年も着られる!買わなきゃ損する冬ニット特集!

LINEで送る
Share on Facebook

78f7af1fb3a344e043c6d579e5adeba6

冬服って、そこそこお値段もするし、夏服みたいにたくさん買えないもの……。

だからこそ、買うなら「今年らしさもありつつ、着回しできて、長く着られる服が欲しい!」なんて欲張りなことを思っちゃいますよね!

そこで、冬になると出番が多くなるニットから、「これを買っておけば、間違いなし!」の本当に使えるニットをご紹介したいと思います。

 

大復活のタートルネックは、ハイゲージですっきり!

c799ff2f85d9f49fe7a5a4b8714ae182

今年は、なんだか懐かしいタートルネックやハイネックがトレンドとして大復活しました。

今年らしさ満点のこの形は、薄手のハイゲージ(細い糸で編まれた)ニットがオススメ!

ハイゲージなら、細長いシルエットがより強調されて、着やせ効果も抜群です。

 

9542df9db73350243a5f9a9541fd0dc91

ウエストインしてもすっきり着こなせる薄手ニットは、流行のミモレ丈スカートにもピッタリ!

細身の形なので、色は、黒やチャコールグレーなどのダークカラーがベストです。

 

e64ad60686dc00ec1df63e6108815bd9

カジュアルなアウターを羽織っても、タートルネックなら上品な雰囲気に!

 

abf63dc21ac357fa6acca27d8ffab734

ワンピースのインナーとしても、着ぶくれせずに合わせられますよ。

 

「淡色ミドルゲージ」で、抜け感をプラス!

5696ecb6dd2fa9448f29c05ee88c4db4

シンプルなミドルゲージのニットは、アウターを羽織ってもすっきり見えるし、インナーの合わせ方でも遊べるので、かなり使えるアイテムです。

ちなみにミドルゲージでは、ハイゲージよりもゆるい編み方がされています。

 

27820cbfd8a11696af0d8cfcee557fea

長めの丈のボトムが多い今シーズンは、トップスは少し短めの丈を選ぶのが正解! 裾を出してもバランスよく着こなせます。

 

2c16ee5c3c7df7bf5f3b3d9c1d0d5759

明るめのグレージュ(グレーとベージュの中間色)や、白などの淡色を選べば、重くなりがちな冬の着こなしに抜け感をプラスしてくれます。

 

b9b1ac18ee00360ad08d659d32629804

アウターからのぞくニットの白が、軽やかな印象に!

 

93fe9f30c6590e54bc0f2bad0cb35ffa1

流行のスモーキーな大人のパステルカラーも、毎日のファッションに新鮮さを注入してくれそうですよね。

 

コンパクトなケーブルニットで、トラッド感を盛り上げる!

10bd1c2e4384e667b0c2cee92680d1ea

凹凸のある編み柄が入った、ミドルゲージのケーブルニットは、スタイリングに表情が出ます。

大切なのは、サイズ感! 着ぶくれしないように、コンパクトなジャストサイズを選びましょう。

また、編み柄の凹凸が大きすぎると、ボリュームが出て、太って見えてしまうので、注意が必要。

 

307b64d80d891c947ec8d4f682bcff46

シャツとのスタイリングは、流行のトラッド気分を盛り上げてくれそう!

 

b8c2e98c330b71455bdf29d234d66170

ケーブルニットは温もりのあるアイテムなので、タイトスカートやシャープなパンツと合わせれば、バランスよく着こなせます。

 

07d383c494a1d47dcb8e408b07e72ee7

袖に柄がないものなら、すっきり見えてうれしいですね。

どれも、トレンド感がありながら、着回しも効くベーシックなニットばかりです! ぜひ試してみてくださいね。

 

Photo by Pinterest

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ