美容

2014.10.12 UP

クマを解消して「マイナス5歳顔」!肌を若返らせる4つのケア

LINEで送る
Share on Facebook

9eb948c042a8b3bfe3b4d3bf1895d7f9

先日、エステで美容アドバイザーを務めている友人とランチをしていたら「○○(私)って、クマがなかったらもっと若く見えるよね」と、ダメージの大きい一言をいただきました。

「他人から見たら、そこまでじゃないよね」というレベルだと思っていたんですが、しっかり目立っていたようです。

 

ネイビーやボルドーなど、顔の白さや明るさが映える色が増える秋。それなのに目元が暗く、くすんだままではせっかくのおしゃれも台無しです。

 

クマは青クマ、黒クマ、茶クマなどとタイプ分けされますが、元凶はすべて血行不良。どんなタイプにも効果がある、クマの解消法をご紹介します!

 

1:目元をじんわり温めて血のめぐりをよくする

5356c5df54cb17db9a6c506f1d88857d

クマを手っ取り早く改善するには、目元を温めるのが効果的です。

忙しい朝でも蒸しタオルで目元をおおい、しばらくボーッとしましょう。貴重な朝の時間ですが、この1分があるだけで顔色がパッと明るくなりますよ。

 

2:トイレでこっそり・・・眼球運動でたるみやコリをとる

ed1bfadfa42b369e8713aa3ec58c99ed

目のまわりをおおっている筋肉を「眼輪筋」といいます。パソコンやスマホを見続けていると、目の周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなってクマになってしまうのです。

そこで、ちょっとしたすきま時間に簡単にできるトレーニングで、目の疲れをとりのぞいてあげましょう。

 

1:指で目尻を軽く外側にひっぱって「きつねの目」状態にしたら、そのまま目をぎゅっと閉じます(指が内側に引き戻される感覚があればOK)。

2:指で目の下の皮膚を押し下げ「あかんべー」状態にしたら、そのまま目をぎゅっと閉じます(頬の筋肉を使っている感覚があればOK)。

3:指で上まぶたの中心のあたりを軽く押し、そのまま目をぎゅっと閉じます(上まぶたが押さえられているので、下まぶたが上に引き上げられる感覚があればOK)。

 

それぞれ2~3回、ゆっくりするだけでも目が軽くなる感じが分かります。慣れてきたら、日課にするといいかもしれません。

 

3:おいしいカシスは目にもやさしい

1cff0fcd4b4df472b34d58a4e9fab29f

「目にいい」とされる食材の中でもカシスは優秀です。

 

目の動きが鈍くなり、ピントを合わせるのに時間がかかることを「ピントフリーズ現象」といいますが、カシスは目の機能を正常に戻すアントシアニンの量がブルーベリーよりもはるかに多いといわれています。

ジュースやサプリで手軽にとりいれてみてくださいね。

 

4:乾燥からくる目のくすみには、保湿重視のスキンケア

ba7d2939a8c6532aa9683a94a10aa030

目の上にキュウリをのせる」という昔ながらのスキンケア法は、クマ解消だけでなく、酷使した目の腫れを抑えるのにもオススメです。

 

目元の保湿の重要性は分かっていても、実際はちゃんとケアできていない人も多いもの。化粧水や乳液をつけるとき、きちんと目の端っこまで届いているか、鏡を見ながらチェックしてみるといいかもしれませんね。

 

866d33ccb7f90ed33c2b04f53ef8bb1f

いかがでしたか?

 

「パッと見」で顔の印象が決まってしまうことって、よくありますよね。顔に影をつくってしまうクマは「お疲れ顔」と認定されてしまうやっかいな存在です。

 

クマを解消して「マイナス5歳顔」を目指しましょう!

 

Photo by Pinterest

 

関連記事

【モテすぎて困るかも】男性が思わず近づきたくなるフェロモンを出す裏ワザって?

美容に人気のプラセンタとは?特徴・効果・注意点を詳しく解説

すだ あゆみ
LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ