美容

2014.10.21 UP

バブル時代の野生の色気が再燃中!今秋に流行の「ネオ」ソバージュの魅力とは

LINEで送る
Share on Facebook

ば

秋も深まってきたこの季節。男ウケを狙うなら、ヘアスタイルはやっぱりゆるふわウェーブが鉄板でしょうか?

 

いえいえ、ただゆるゆるふわふわしてるだけのウェーブはもうおしまい。今年は「ソバージュ」で、恋に弱気な男子諸君を文字通り攻めてみてはいかがでしょうか?

 

元祖からネオへ・・・進化するソバージュ

そ

ソバージュといえば、80年代のバブル期を象徴する強めヘア。細かくきついウェーブを毛先から等間隔で入れるのが特徴です。

アッシー君だのメッシー君だのパパだのをはべらかせ、花金はディスコで朝までフィーバーしていたお姉様方御用達の野性味あふれる雌ヒョウスタイル。

 

しかし、時代を背負い過ぎたせいか、いつしか「おばさんくさい」髪型の代表選手になってしまっていました。それが、最近になって「ネオソバージュ」に進化を遂げて人気が再燃しているのです!

 

新時代のソバージュは“ほどよい”ウェーブ感がポイント

安室ちゃん1

なにがネオかというと、元祖のボリューミーな野性味を生かしながら、さらに今っぽいアレンジが加わった点です。

大きなウェーブタイプのものや、ゆるーくかけるタイプ、鉢下のみに軽くかけるものなど実にさまざまで、ほどよい“いいオンナ”感を演出してくれます。

 

雑誌やテレビでも、益若つばさや柴咲コウ、安室奈美恵などのロングヘア美女を中心に、ソバージュを取り入れているオシャレ芸能人がちらほら。

 

なんで今、ソバージュ人気が復活?

小島留璃子

(Photo by PARCO

街では、ハイウエストのタイトスカートにゴージャスな大振りアクセサリー、クラッチバッグと、バブル期を彷彿とさせる原色ファッションに身を包み、闊歩する女の子たちが多く見受けられます。

今夏のPARCOの広告は小島瑠璃子さんをモデルに起用して話題になりましたが、熱帯の植物をバックにビキニ姿で前を見据える彼女の頭は、大胆に額を上げたアバンギャルドなネオソバージュでした。

 

景気は女性のファッションに表れると言います。

80年代のバブル期女子のように、2014年は景気も女性も昇り調子ということでしょうか。草食化する男子は、アマゾネスに狩られることを望んでいるのかも!?

 

眉上バングで抜け感をプラス

でも、ネオとはいえ、強い印象のソバージュで男性にひかれてしまわないか心配……という人もいるかもしれません。確かに、あまりのお色気に男性側がしっぽを丸めてしまう可能性もなきにしもあらず。

そんなときにぜひ合わせてほしいのが、眉上短めバングです。

 

たっぷりボリュームを出した毛先に、ざっくり前髪で抜け感を出せば、ワイルドさにモードをプラスしたオシャレ上級者。切りっぱなし感を楽しむため、前髪は自分ではさみを入れてみてもいいでしょう。

 

バング

さらに、明るい髪色ならお人形さんのような仕上がりも期待できます。

 

能ある鷹はなんとやら。バブルの先輩方にならった雌ヒョウを、ガーリーな雰囲気で覆うのが今風

この秋は、ネオソバージュを大胆になびかせて恋を狩りとってくださいね!

 

Photo by HairStyles Design

LINEで送る
Share on Facebook

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ